美佳りんの思い出の中国旅行、中国体験記 (その二)

♪上海留学時代の中国国内旅行編(約10年前の思い出の写真です)

 

1991年に友人達と一緒に、初の中国国内旅行をした杭州

西湖がとても美しく、龍井茶という有名な緑茶が大変美味しく、龍井茶を加工している工場?!のような作業場を見学しました。

 

 

1991年夏に上海外国語大学の学校主催の旅行に参加して、初めて北京を旅行した時の写真です。とにかく暑かったです。天安門広場周辺を歩いた時は大感激!!毛沢東さんを持ち上げるの図?!

 

 

同じく、1991年の夏の旅行の時に、初めて北京大学を見学した時の写真です。その一年後の秋からこの大学内で、学ぶ事になるとは、この時は夢にも思いませんでした。正門がとてもかっこいい!と感じたのを覚えています。

 

 

同じく同時期の北京で初めて万里の長城へ登った時の写真です。大感動!!雄大で、中国大陸を心底感じた瞬間でした。素晴らしい!!

 

 

1991年秋に、同室だったKさんと一緒に旅行した無錫です。太湖に日が落ちる風景に思わず見とれてしまいました。あまりの美しさに、二人して見とれすぎて、気付いた時には真っ暗になっていて、道に迷い、予約していたホテルに戻れなくなり、不安な中、ようやくたどり着いた小さな招待所に、急遽泊めて頂いたりして、お世話になった事も素敵な思い出です。

 

 

1991年秋深き頃、友人のSちゃんと一緒に、紅葉が美しい南京へ旅しました。Sちゃんと二人、とにかくよく歩き、落ち葉舞い散る美しい南京の街を、二人であつあつの焼きいもを、半分に分けて、ほくほくしながら食べたりした事を覚えています。美味しかったね!!写真は、南京の全景がきれいに見える高台からの図です。

 

 

1991年冬に、思い立って初めての中国一人旅を決行した時のもので、行き先は、魯迅の故郷の紹興です。あの紹興酒で有名なところです。お酒も美味しかった、、。さすがに一人で酔っ払うほどは飲まなかったけれど、、。何せ始終緊張のしっぱなしの一人旅でした。紹興の雰囲気は本当に素朴で、一人で歩く街並みは、ちょっぴり切ない感じで、でも人々は皆温かかったです。写真を写してもらう時も、親切に応じてくれたし、泊まった某ホテルのレストランで、私が美味しそうに料理をほおばっている姿を見ていた、そのホテル関係の偉い人が、わざわざ部屋まで訪ねて来てくれて、(この時はびっくりしたけれど、、。)紹興料理のお土産やら、色々持って来てくれたりしたことがあったっけ、、、。食べている私の顔は、どこでもいつでも、とっても輝いているらしい?!

 

 

1991年のクリスマスにこれまた学校主催の旅行で、シャーメン(アモイ)に行った時の写真です。クリスマスがとても暖かく、生まれて初めて暖かいクリスマスを過ごしました。アモイの海辺で、女性が洗濯をしていました。何だか風情があって、思わずシャッターを押しました。

 

 

アモイの海辺で、お仕事をしている人達の様子です。中国大陸は広くて、北の方では大雪と闘っているであろう時に、こうして船の中で薄着でお仕事に勤しむ人達もいる、、。何だか不思議な気がしました。中国広し、、♪

 

 

同じくアモイの家々の写真です。赤い色の屋根が可愛らしくて、上海と違った南国の雰囲気を感じました。何だか、中国っぽくないような、ヨーロッパの建築物のようにも見えたりして?!

 

 

これも、アモイの浜辺の写真です。風が肌に心地よく、爽やかな感じでした。南国ムード満点です。

 

 

これは、アモイ行きの車中の中(列車内)で、車掌さんと仲良くなり、帽子と制服をちょっとの間お借りして、車掌さんごっこ?!をしてしまいました。『切符を拝見しまーす!!』なんちゃって、、、。そういえば、帰りの車中で、列車内の暖房が止まって、寒くて凍えそうになりながら、夜を過ごした事があったっけ、、、。

 

 

1992年の初夏に、友人のKさんと、予てからお約束していた安徽省の黄山を登ることに、、、。最初は山登りなんて体力の超〜無い私は、不安で不安でたまらなかったけれど、Kさんに助けられて、励まされて、何とか登ることが出来ました。登山途中で食物を持って、山を上り下りする仕事をしているお兄さんに遭遇、、。たいしたものだと感心しました。私もおんぶして欲しかったくらい?!軽々と山を登る姿に、男のロマン?!を感ぜずにはいられませんでした。『兄ちゃん、あんさんはかっこいいよ!!』

 

 

山頂で一泊して、翌日見た黄山の朝日は、少し霞がかっていたけれど、美しく、忘れられない景色となりました。大勢の中国人が、『おーっ』と、歓喜の声をあげて、拍手していた事が忘れられません。結局、下りもロープウェーが突如降り出した大雨のため、止まってしまっていて、Kさんと二人で、水も滴るいい女?!をしながら、大雨の中を歩いて下る事に、、。これは本当に想像しなかった展開だったです。でも、いい思い出になりました。Kさんが、上海からの長距離バスの長旅で疲れて、プラス、登山前の緊張でイライラしていた私を、♪マイライクス♪という当時売られていた美味しいチョコレートをくれて、紅茶を入れてくれました。Kさんが大好きな缶詰の甘いパイナップルを、登山中に、二人で食べたことも、懐かしい思い出です。この黄山に登ったことは、自分の自信にもつながりました。

 

 

これも1992年の春に、学校主催の旅行(山東省泰山)へ行った時の、写真です。またまたビール運びのお兄さん見っけ!!皆さん、たくましい!!

 

 

これも、山東省の公園?!で、中国の皆さんが座り込んで、トランプに熱中!!とっても楽しそうで仲間に加わりたかった、、。

 

←戻る   ホーム   進む→