スポーツジムに入会、再ダイエットだよ、その7の巻き!!他!!

 

 

こうして、私とポンちゃんの深せんでの楽しい秋は、どんどんと深まっていったのでした。

 

 

濃いキャラが、たーくさんいらっしゃったスポーツジムでは、体を鍛えながら、面白い方々との出会いが多々ありました。

 

 

その中でも、ラテン系有酸素運動ダンスがとても楽しくて、そのクラスは人気のクラスで、多くの人が参加していました。

 

 

ラテン系の音楽をバックに、ダンスの先生が一番前の中央に位置して、ラテン風振り付けをして、その振り付けに従って、ノリノリ♪で踊りまくるのです。

 

 

ダンスの振りは、それほど難しくなく、運動オンチな私でも、すぐにマスター出来て、ミュージックが流れ出すと、体も不思議と血が騒ぐ?!的な感覚で、踊らずにいられないモード♪に誰しもさせられてしまう、まさにミラクルマジック的ダンス?!なのです。

 

 

そして、参加している女性の中にも、かなりなおしゃれさん達もいて、レオタードと、シューズ、そして髪型のラテン風ターバン巻きに始まって、レオタードに更にオシャレな布のようなものを巻いて、今風?!巻き巻きコーディネイト♪が上手で、格好からしてラテンの香りがするのです。

 

 

そして、ファッションに負けない身のこなし、、。

 

 

つまり、ダンスが本当に上手い!!のです。

 

 

参加している大勢の人達の中で、そのオシャレ姉さん方は、前方の中央の辺りに身を置き、ダンスの先生の振り付けを、見事に完璧にマスターして、後ろの方で踊っている時は、時々先生の姿が見えない時があるのですが、、。

 

 

(人気なクラスなので、凄い人なのであります。)

 

 

カッコイイそのお姉さん方の後姿を目で追って踊る時もあるのです。

 

 

そんな中、カッコイイお姉さま方以外に、これまた笑わせて下さる、とっても素敵なキャラの女性がいたのです。

 

 

とっても元気系パワフル全開系?!と申しましょうか、、、。

 

 

私より少し年上の方だと思うのですが、先生が踊りながら発する掛け声にそって、御自身も、

 

 

『一、ニ、三、、。ハイ!!ターン!!ハイハイ!!』

 

 

また、、。

 

 

『左、、。右、、。また左、、。左足を上げて、軸にして、、、。』

 

 

なーんて、感じに大きな声で、掛け声まで、見事に再現して下さり、こっちまで元気になってしまうような、不思議な魅力全開な女性でした。

 

 

でも、よくよく見てみると、先生が踊っている振りとは、全くといっていいほど、違う、全く違うオリジナルなダンスを、披露されていたのでした。

 

 

これには、びっくり!!!!

 

 

びっくりと同時に、ここまでやれば、あっぱれ!!♪

 

 

でした。

 

 

皆とは、全く違うダンスを一人で踊り、皆と同じミュージックをバックにして、でも、掛け声は、先生の掛け声を瞬時に再現して下さり、何ともかなり目立っていらっしゃいましたが、周りの人々が、ラテンを踊りながら、その女性のパワフルなダンスと掛け声に酔いしれて、何とも微笑ましい場面が見えました。

 

 

誰一人として、

 

 

『何あの人?!変じゃない?!』

 

 

なあんて、意地悪な目線で見つめる人がいなくって、ただただ誰もが、

 

 

(ダンスは楽しむものなんだ、、。)

 

 

と、シンプルな事を感じられる空間がそこにはありました。

 

 

人と比べて勝った負けたの人生ではなく、人はそれぞれ皆違う感性、個性を持っているのだから、それを生かして、自分らしく生きる事がどれだけ楽しい事なのかを、このダンスレッスンで体で実感する事が出来ました。

 

 

こんな日々を送りながら、冬の前の深い秋になる頃に、また

 

 

また珍客?!もとい常連客!!が訪れました。

 

 

お馴染みの美佳りんママの再登場です。

 

 

というのも、深秋は、色々なイベント盛りだくさんな時期で、私とポンちゃんの結婚記念日や、美佳りんママの誕生日やら、何かと記念日が多くて、イベント大好きな私にとっては、絶好の人生盛り上げパーティー、食事会等々、、。

 

 

イベントにかこつけて?!海外生活にかこつけて?!

 

 

賑やかな日常を演出する事に心血を注ぐ?!訳でございまする。

 

 

美佳りんママも再登場してくれて、この連なるイベント記念日食事会等を連日のように、深秋の深せんで、(深秋でもまだまだ暑い深せんであります。)過ごす事になりました。

 

 

美佳りんママが深せんにやって来て、相変わらず、買い物好きな母娘は、どこやかしこやと、毎日出歩き、ウィンドーショッピングに留めようと思いきや、思っただけで、またまた衝動買いの連続技?!!

 

 

美佳りんママは、深せんでたくさん売られているバラの花関係のグッズから洋服まで、ちょっと目に入ると、お手頃なお値段で店頭に飾られていると、品物チェック!!!

 

 

その鋭い目技?!で、気に入った品物は、即お買い上げ!!

 

 

こうして、バラが大好きな美佳りんママの、楽しい楽しいショッピングに私も付き添い、そんなこんなで、自然とスーパー巡りや、デパート巡りも多くなり、すると、自然と、美味しい御優待チケットや、タダで何々が体験出来ますよ♪チケットが手に入るという、有難いオマケに出会える訳であります。

 

 

何せ、この頃の深せんは、芸術写真が大流行の兆し一歩手前!!状態♪だったので、(ご存知の通り、私とポンちゃんは、外ロケまで隈なく体験済み!!!

 

 

何と、スーパーでの消費がたくさんになったある日の事、その結果として、美佳りんママは、芸術写真をタダで撮影出来ます!!チケットをプレゼントされたのでありました。

 

 

美佳りんママは、、。

 

 

『美佳ちゃん、お母さんも、芸術写真が撮りたかったから、とっても嬉しいわ!!』

 

 

と、ウハウハドキドキ、大興奮状態で、スーパーからプレゼントされたチケットを握り緊め、私達は早速メイクや、衣装選びの交渉に撮影スタジオまで出掛けたのでありました。

 

 

『お母さん、タダだよ!!タダ!!無料で、メイクや衣装を貸してもらえて、アイドル気分がまたまた体感出来るなんて、嬉しいよねえ!!』

 

 

と、美佳りんママの興奮が私にまで伝染してしまい、二人して、、、。

 

 

こんな調子で、言わば、二人で調子に乗りまくりのお構いなしの能天気状態?!で、ルンルン気分♪でスタジオに駆け足で入り込んで行きました。

 

 

と、タダに目がくらんで、ウハウハ状態者だった私達母娘でしたが、これがこの後、笑える結末がやっぱり待っていたとは、この時は二人とも気付かずにいたのでありました。

 

 

『こんにちは!!いらっしゃいませ!!』

 

 

と、可愛らしい女の子達がたくさん、忙しそうに動き回っていました。

 

 

『チケットもらったので、タダで芸術写真が撮影出来るのですよね?!』

 

 

と、私!!

 

 

『もちろんです。』

 

 

『二人で一緒に撮影出来ますか?!』

 

 

と聞くと、、。

 

『いいですよ。お母様と娘さんですね!!』

 

 

と、手馴れた感じでの説明が始まりました。

 

 

『お二人で、衣装は其々二着づつ着る事が出来ます。』

 

 

と、お店の人。

 

 

『メイクや髪型も、小道具も、衣装に合わせて、二パターンづつ用意して頂けるのですよね?!』

 

 

と、さすが先輩?!撮影体験済みな私は、ちょっと偉そうに?!確認の意味も込めて、心の中では、

 

 

(本当に、本当に、メイクもヘアセットも、スタジオ使用も、衣装、小道具使用も、全てタダなんですよね!!!?)

 

 

と叫びながら、質問し続けました。

 

 

そして、心の叫びは、お店の人には、やはり分からないし、ここはきちんと確認する事が後のトラブルを招かない!!

 

 

と、これまで何度か痛い目に遭って来た私は、敢えて、口に出して、心の叫びもそっくりそのまま口に出して、念を押して、確認しました。

 

 

すると、、。

 

 

『心配要りませんよ。全て、無料です。』

 

 

そして、、。

 

 

『美佳ちゃん、じゃ、お願いしましょうよ!!』

 

 

と、安堵の表情の美佳りんママ。

 

 

『そうだね。じゃお願いします。』

 

 

と私、、。

 

 

美佳りんママの帰国も迫っていたので、早速翌日撮影してもらい事にしました。

 

 

そして、衣装を二人で事前に選ばせて頂きました。

 

 

其々二着ずつという事で、華やかな感じで、其々の好きな色を選ぶ事にしました。

 

 

二人で、検討を重ねた結果!!

 

 

ピンクで可愛らしい感じの、20代の頃の聖子ちゃんが着ていた様な感じのドレスを、美佳りんママが着る事になりました。

 

 

それと彼女のもう一着は、中国らしく、ピンクのチャイナドレス!!

 

 

美佳りんママが大好きなピンクを選んだので、私は大好きなオレンジを選び、同じくドレス一着と、チャイナドレス一着の計四着、選びました。

 

 

それから、メイクの人と、髪型や小物等の相談!!

 

 

これも無事終了!!

 

 

そして最後に時間の確認をして、翌日の朝早くから、メイクに準備にとりかかる事にして、お肌の為にも、その日は二人とも早めに寝る事にしました。

 

 

(つづく)