スポーツジムに入会、再ダイエットだよ、その6の巻き!!他!!

 

 

 

こうして、私とポンちゃんは、深せんの秋休みを満喫しておりました。

 

 

 

今回は、ジムでのお話です。

 

 

 

そうです。

 

 

 

私は、再度ダイエットに挑戦するべく、ジムに入会したのですが、このジムがとんでもなく面白い方々を幾人も発見する事となったのでした。

 

 

 

ある日のこと、私は自宅でトレーニングスタイルに着替えて、いつものように出掛けて行きました。

 

 

 

色々な種目が盛りだくさんなスタジオでのレッスンの前に、足慣らし?!体慣らし?!というか、要するにウォーミングアップを、マシーンを使ってするのですが、ここで毎度お馴染みの?!容赦しない鋭いご指摘?!の洗礼を受け、、、。

 

 

 

頑張って脂肪ちゃんと挌闘している最中、こんなお声が、、、。

 

 

 

『美佳(めいちゃあ)、いらっしゃい。』

 

 

 

『こんにちは、、。今日も頑張るよ、、。』

 

 

 

と、自転車こぎマシーン?!で汗をかきかき必死に頑張っている私に向かって、相変わらずの容赦なき?!お言葉が、、、。

 

 

 

『美佳(めいちゃあ)、体重は年齢的に見て、まあまあこの範囲でも、何とかなるけど、脂肪が多すぎるね。それに、体が硬すぎ、加えて、腕の筋肉は全く無いね。』

 

 

 

『来たー、、、。来ましたー。このストレートなまでの物言い、、、。』

 

 

 

と、私も落ち込むどころか、多少けんか腰?!気味、、、。

 

 

 

『大丈夫。まあじっくり体質改善していけば、何とかなるから、、、。』

 

 

 

と、サラリとイケメン系のトレーナーのお兄ちゃんに、軽く交わされてしまいました。

 

 

 

(事実は事実、、、。怒ってもしかたがない、、。受け留めようではないか、、、。)

 

 

と、何回も言われている内に、段々このストレートなご指摘にも、耳が慣れてきて、いつか見返してやるぞー!!!

 

 

 

と、トレーナーの皆さんのきついご指摘で培われた根性?!が私を、奮い立たせていきました。

 

 

 

もともと超運動オンチな私がマシーンでトレーニングをやった後、スタジオの種目を2,3つも連続して、体を酷使してまで参加するようになってしまったのでした。

 

 

 

これには、ポンちゃんも本当に驚き、桃の木、山椒の木でした。

 

 

 

マシーンをして、スタジオの種目(1レッスンが一時間ですが)、このワンレッスンを受けて、サウナ等をして、一度

帰って、夕飯を作り、ポンちゃんが帰宅して、夕飯を食べさせて、片付けて、また夜のスタジオレッスンへ行ったりする事が多くなりました。

 

 

 

『何か、頑張っちょりますねえ、、、。』

 

と、ポンちゃんに褒められると、私も図に乗って、ポパイのまねをして、右腕の筋肉を自慢したり?!、、、。(って、まだ全くついていない筋肉ですが、、、。笑)

 

 

『まあ、大した事無いって、、。これくらいのトレーニングはへっちゃらよー!!』

 

 

 

と、大見栄を張って?!は、勇ましく走って夜のレッスンへ出掛けたりしていました。

 

 

 

こうして、夢中になるととことんの私は、ジムにいる時間が長くなり、面白い方々と出会う事に、、、。

 

 

 

私が気に入って参加していたレッスンの中には、ボディバランス(ヨガみたいな感じで、体の柔軟性が勝負?!)、そして、健美操(軽いタッチのエアロビクス?!とでも言いましょうか、、、。)そして、これが一番好きな街舞(若いニューヨーカーのダンサーが路上で踊りそうな路上ダンス?!)☆私のイメージですが、、、。

 

 

 

そして、二番目に好きな、ラテン系有酸素運動ダンスです。

 

 

 

主に、この四種目は、精を出して参加していました。

 

 

 

そして、面白い事に、一定の時間の一定の種目に狙いを定めて、参加している人々がいるので、この時間帯のこのダンスには、やっぱりあの人が来ていたー!!!

 

 

 

という、このダンスにおける同類項?!状態が発生するのでした。

 

 

 

人間というのは、やはり万国共通、、、。

 

 

 

全ての事に同じだけの興味と情熱と、はたまた体力を捧げる事は出来ないようで、ここ深せんの人々も、忙しい合間を縫って、時間帯を工夫して、自分自分の好きなレッスンを選び、参加して、ダイエットのために、健康のために、はたまた美容のためにと、日夜努力している方々がたくさんいたのでありました。

 

 

 

ボディバランスから、御紹介しましょう。

 

 

 

これは、体の柔軟性を養うもので、私に一番欠けたものなので、苦しいながらも頑張って参加しました。

 

 

 

トレーナーは、若いイケメンのお兄ちゃんが多く、スタジオ内の大きな鏡に向かって、トレーナーの動きに合わせて、同じような体勢を取っていきます。

 

 

 

優しい感じの音楽が流れていて、ゆっくりした動きなのですが、これがかなりシンドイ!!!

 

 

 

立位体前屈(学生時代に、体力テストで、体育館の舞台の端から、体勢を下に曲げた自分の両手が何処まで下へ行くか、、?!)測定しましたよね?!

 

 

 

そうです。

 

 

 

そんな感じの苦しい体勢を一時間中かなり強いられるという、とんでもなく体にいい、体の硬い人間には、慣れるまではとんでもなく、苦痛が伴う、、、。

 

 

 

だから、周りのレッスンしている人々も、、、。

 

 

 

『うわー、きついわ、、、。これ以上は無理!!』

 

 

 

『トレーナーちょっと助けてー!!』

 

 

 

『痛い、、。いたたたー!!』

 

 

 

と、誰もが大きな声を上げながら、レッスンを受けていました。

 

 

 

日本のジムなら、それほど、大きな声をあげる人もいないと思いますが、ここは深せん、、、。

 

 

 

心の中で思っている事は、皆さん全て口に出して、トレーニングを受けるのです。

 

 

 

だからして、日本人の私にとっては、この空間は本当に面白く新鮮でした。

 

 

 

(おいおい、思っても、普通言わないでしょう、、、。)

 

 

 

と、時々、日本語の独り言で突っ込みを入れている自分がいたのも事実です。

 

 

 

そう思っていた私も、、、。

 

 

 

参加二回目にして、、、。

 

 

 

『うわーきつい、、、。これ以上はもう駄目だー!』

 

誰に聞かせる訳でもなく、大きな声で叫びながら、大騒ぎしてレッスンを受けていました。(笑)

 

 

 

このレッスンは一時間経ち、体がほぐれてくると、最後の深呼吸と、各々の小さなマットの上で、簡単な終了体操をすると、本当に爽快です。

 

 

 

そして、健美操(これは字のごとく、健康的に美しくなる事を目的とした体操です。)

 

こちらは動き的には、エアロビクスにも似ていますが、エアロビクスよりは、動きが激しくなくて、ダンスとリズム体操?!を合わせたような感じで、お年を召した方でも十分楽しめる体操です。

 

 

 

これも、音楽に合わせて、トレーナーが手本を見せてくれて、それに合わせて動いていきます。

 

 

 

一時間経つと、汗がかなり流れてきて、ストレス発散にもってこいの疲れすぎない動きです。

 

 

 

楽しいおばちゃま方の、『ハッ!!ホッ!!フッ!!ホッ!!』

 

 

リズムを自分で取るための大きな掛け声が、あちらこちらから絶えず聞こえてきて、流れる音楽とトレーナーの合図の声とミックスして、一時間中かなり賑やかなレッスン♪です。

 

 

 

この二つの種目は、体をほぐして、楽しむために私がよく参加していたレッスンです。

 

 

 

そして、その他に、大好きな種目を二つ御紹介しましょう。

 

 

 

街舞です。

 

 

 

これは、先ほどお話したように、舞台はニューヨーク!!そして、ストリートをジーパンにTシャツ、そして、バンダナ巻いて?!みたいな?!ラフなスタイルで、スキップしながら現れて、いきなりミュージカルみたいに歌って踊りだす、、。みたいな?!そんな感じのダンスなのです。

 

 

 

私はこのレッスンが大好きで、一時間の間に、トレーナーがいくつかのステップを組み合わせて、それを一時間中に一曲の曲の中で楽しく踊れるように、工夫して何度も振りを指導してくれるのです。

 

 

 

参加している人は、若い子達が多く格好も、ボディバランスや、健美躁の時のようにレオタードを着ている人も半数くらいいますが、ラフな短パンスタイルのような感じで参加する人もいました。

 

 

 

この振りを覚えるのが大変ですが、楽しくて、一通り覚えた後、2グループくらいに分けて、音楽に合わせて踊らされます。

 

 

 

ここで、その日の小さな発表会?!みたいになるので、一人恥ずかしい踊りを見せるのも何なので、私も全神経を振りを完璧に覚える事に集中させて、毎回必死でした。

 

 

 

若い女の子で、リズム感が凄くいい子がいて、毎回レッスンに着てくるダンス服もおしゃれで、これにプラスして、毎回完璧に振りを覚えてカッコよく踊るので、私が勝手に自分の勘違いライバル?!として、マークしているダンサーがいました。

 

 

 

(彼女には負けられないわ!!)って既に誰がどう見ても完璧に彼女の方が上手で様になっているのに、この街舞のレッスンの時は、彼女は私の心の中で勝手に私の好敵手、つまるところの(ライバル)とさせて頂いておりました。

 

 

 

自宅に帰ってから、このレッスンで覚えた振りを、ポンちゃんの前で何回も披露?!させられました。(最初は私がのりのりで、カッコつけて自主的に?!披露しておりましたが、、。)

 

 

 

『ワン、ツー、、。回って、ジャンプ、、。左足を軸に、回ってジャンプ、、。』

 

とか、、。

 

 

 

『ボックス2回の前へ4歩、下がって3歩、、。』

 

 

 

とか、自分流の振りの覚え方で、家で踊ると、これがポンちゃんに大うけ!!

 

『うわー凄いねえ!!様になってないねえ!!もう一回やって!!』

 

と、大うけ!!大爆笑!!

 

 

 

『そのとおーり!!』

 

 

 

と、叫びながらも、、。

 

 

 

1時間近く踊ったりしていました。

 

 

 

こうして、憧れの好敵手?!的な私を大いに啓発してくれた存在もいれば、お腹を抱えてレッスン中に笑わせて頂いた、面白いキャラの方もいらっしゃいました。

 

 

 

そんなキャラと出会えたのは、もう一つの大好きなレッスンだった、ラテン系有酸素運動ダンスです。

 

 

 

これは、次回のお楽しみ!!(つづく)