めざせグラビアアイドル?!的な私達?!その4の巻き!    

 

こうして、私とポンちゃんは二人揃って、いよいよスタジオ撮影と、あいなりました。

 

 

ドキドキもんで、ワクワクもんで、興奮しまくってスタジオの中に入ってみると、そこには、大きな鏡がいくつかあったり、大きな照明器具や、グラビアアイドル?!気分に浸るには十分すぎるほどの?!面白い小道具関係も、たくさん置かれておりました。

 

 

例えば、手に持つ花束関係や、扇子やら、色んなものが結構無造作にその辺に散らかるようにして?!置かれていました。

 

 

私達と一緒に、カメラマンや、メイクさん達も何人か入りました。

 

 

それから、スタジオのセットの準備が始まりました。

 

 

バッグの色を何色にするとか?!

 

 

小道具に何を使うとか?!

 

 

その他にも、色々相談すべき事がたくさんありました。

 

 

よく分からなかったので、照明具合と照らし合わせて、明るく爽やかな感じで撮ってもらうように頼みました。

 

 

その辺は皆さんプロなので、私とポンちゃんが興奮しつつ緊張しきっている様子を傍目に見ながらも、余裕の笑みをうかべて、、、。

 

 

『大丈夫よ!カメラマンは慣れているし、綺麗に撮ってくれるから、、。』

 

 

と、スタッフの女の子達が、そう言ってくれました。

 

 

まずは、ウエディングドレス姿から、撮影が始まりました。

 

 

とにもかくにも、パッツンパッツンの安全ピンだらけの素晴らしい後ろ姿?!だったので、早いところ、この衣装での撮影を順調に終わらせたかったのですが、、、、。

 

 

そうは問屋がすっとこどっこい?!(笑)

 

 

でした、、、、。

 

 

ポンちゃんは、撮影がまだ開始していないセット待ち状態にも関わらず、、、、。

 

 

『あーだるいなあ、、、。まだ終わんないの、、、?!』

 

 

と、普段着慣れない、バシッとカッコイイ?!スーツに決めていたので、いつものジャージ短パン系スタイルに着替えたいようでした。

 

 

『ポンちゃん、おいおい、まだ撮影始まってないってば!!』

 

 

と、右手で突っ込みつつも、私も少々キツメのドレスで待機しているのは、辛いものがありました。

 

 

こんな感じで10分くらい待っていると、、、、、?!

 

 

『美佳(めいちゃあ)撮るよ!!』

 

 

と、誰かの声がしました。

 

 

声のほうに目をやると、カメラマンさんが立ち位置の確認をしたいとの事、、、。

 

 

『いよいよ、撮影だあ!ポンちゃん、頑張ろうぜい!!』

 

 

と、二人で気合を入れなおして、メイク直しをしてもらって、眩しい照明の中に立つ事に、、、。

 

 

『はい、じゃあこっちの方を向いて、、、。だけど体はそのままで目線だけね、、、。』

 

 

と、カメラマンの兄ちゃんは、業界人っぽい感じ?!で、かっこよく、そう合図をくれました。

 

 

『なんか、芸能人みたいだよねえ?!嬉しい!!ワクワク!!』

 

 

と、私は一人、かなりはしゃいでいました。

 

 

『はい、旦那さん、腰に手をあてて、もう少し気持ち右に目線をやってね、、、。』

 

 

『ああ、駄目だめ!!顔が反り過ぎ、、、。もう少し反対の方向へ30度くらい向きなおして、、、。』

 

 

と、色々と注文を頂き、最初は元気だったポンちゃんも、だんだん、、、。

 

 

『えーこれきついよ、、。この状態で右を見ろって言われても、かなり苦しいよ、、、。』

 

 

と、始まって10分も経たない内に、疲れ始めていました。

 

 

『ポンちゃん、アイドルになる?!のも本当に大変だよねえ、、。』

 

 

と、ポンちゃんの疲れほどは疲労していなかった私ですが、

 

(これは結構大変な日になりそうだあ、、。)

 

と、心の中で、午後も外ロケがある事を思い出し、(ランチはたーんとたっぷり頂きましょう、、、、。)

 

と、昼の弁当でのエネルギー補給は必須だと、直感しました。

 

 

何枚かパチッパチッ!!カシャッカシャッ!!と、続けざまに右に行ったり、左に移動したりしながら、シャッターを切るカメラマンのスピーディーな動きに、、、。

 

 

『ポンちゃん、中国版、ちょっと細身の池中玄太?!みたいだあ、、、。かっこいいねえ、、、。』

 

 

と、大好きな[池中玄太80キロ]のドラマを思い出し、二人ともだんだんリラックスしてきました。

 

 

『いいよお、、。今のような笑顔をもう一度このカメラに向かって頼むよ!!』

 

 

と、玄太ネタ?!で盛り上がっていた私達の自然な表情の一瞬も見逃さず、いい撮影にもっていこうとする流し方?!が、まさにカッコイイ業界人♪って感じで、どんどん気分が乗せられ乗って?!ガチガチの最初の表情が柔らかくなっていくのが自分でも分かりました。

 

 

そして、笑えたことに、私以上に隣で、さっきまで、

 

 

『だるー!!だりーよー!!』

 

 

と、呟いていたポンちゃんの目が何やら輝きだしたでは、あーりませんか、、、、!!!

 

 

スタッフの女の子達も、

 

 

『旦那さん、その表情、かっこいいよ!!』

 

 

と、褒め上手!!

 

 

すると、ポンちゃん、、。

 

 

『ちょっと、かなりカッコイイかなあ?!どうしよう、、。カッコよすぎ?!』

 

 

と、ウハウハ状態♪になっていました。

 

 

そして、バラの花束を持たされたり、いくつかポーズをつくらされて、ウエディングバージョンは無事終了!!

 

 

結局、スタジオ内に入って30分くらいかかりました。

 

 

それから、ここからが大変!!

 

 

必殺早変わり!!着せ替え人形?!状態!!

 

 

『美佳(めいちゃあ)、次の衣装に着替えるよ!!』

 

 

と、ドレスを引きずりまくって、退散!!

 

 

後ろの違う人の撮影も控えていたので、撮影終了後は、スタジオ内で、グラビアアイドル?!気分♪の、その興奮余韻に浸る時間すらなく、さっさと次の工程の準備にかかる事に、、。

 

 

『旦那さんも、こっちに来て!!』

 

 

ポンちゃんも即移動!!

 

 

急いで、次の準備にかかるために、3人がかりで、私の安全ピンドレス?!を次のドレスに着替えさせてくれました。

 

 

これは、まさに早変わりの術?!ミラクル!ミラクル!早い!早い!

 

 

あのぶっとい、大きな安全ピンちゃんが、こんなに3人がかりで、急いで取られていく様は、間違って腕にでも刺さってしまわないか?!私的には結構ビクビクものでしたが、さすがプロの技!!

 

 

見事、破らずに、私の腕にも刺さらずに、素早く20くらい?!あった安全ピンをはずしてくれました。

 

 

そして、次の衣装を着せられて、それから、私の場合は、ポンちゃんより時間がかかり、ドレスに合わせて髪型もセットし直してくれました。

 

 

予定としては、昼食前に、外ロケ以外のスタジオ撮影を終了させるそうで、午前中のスケジュールは、まさに売れっ子芸能人並み?!に、すさまじい忙しさ!!!でした。

 

 

ウエディングドレス以外は、安全ピンちゃんのお世話にならなくてすんだので、ホッとしました。

 

 

紅い衣装、青い衣装、、、。

 

 

それに合わせた髪型、メイク、、、。

 

 

目まぐるしく、時間が流れていきました。

 

 

ポンちゃんがその度に、

 

 

『美佳りん、遅いねえ!!もう、こちらは準備完了っすよ!!』

 

 

と、余裕で、座って、足を組んで、腕も組んでの、何十杯?!と、毎度おなじみ御白湯サービス♪を受けて待っていました。

 

 

男性は女性の衣装に合わせて、スーツ等の衣装を合わせます。

 

 

男性の方は、髪型は、ほぼ変わらないのですが、着替えの度に、衣装の色が変わるので、その姿を見るのは新鮮で面白かったです。

 

 

何着がドレスを着ては、スタジオに入り、20分くらいの撮影をして、また、いそいそと退出して、着替え、髪型、メイク直し、、。

 

 

これを何度か繰り返しました。

 

 

最後のほうで、中国バージョンの衣装に着替える事になりました。

 

 

私は赤い色のチャイナ服のパンツルック系?!上下を身にまとい、ポンちゃんもそれに合わせた、中国の衣装を着ました。

 

 

二人とも何とも新鮮な感じで、袖の中に両手を交互に入れて、カンフー映画等に出てくるような、面白い人?!の真似をしてみせたりして、周囲の笑いをとっていました。(笑)

 

 

,6着、着たでしょうか?!

 

 

午前の部!!は無事終了しました。

 

 

そして、午後の外ロケの前に、楽しいランチタイム♪が待っていました。

 

 

ドレスが入るか心配だったので、朝食はかなり少なめにしていたので、この過酷な?!ハードな?!撮影で、午前の部が終了の頃には、お腹がグーグー鳴りまくっていました。

 

 

『美佳(めいちゃあ)旦那さんとあなたの弁当が届いたよ。ゆっくり食べてね!』

 

 

と、スタッフの女の子が、弁当を持ってきてくれました。

 

 

『あー美味しいねえ!!凄くお腹が空いていたから、嬉しい!!』

 

 

『美佳りん、お腹が、グースカピープー♪状態だったもんね!』

 

 

と、普段と全く違うハードな休日の過ごし方に、かなり、お疲れ気味のポンちゃんも、凄い勢いで食べまくっていました。

 

 

『ポンちゃん、このハードな撮影だから、今日は帰ったら絶対1キロは痩せていると思うんだよね!!』

 

 

と、得意になって私が言うと、、。

 

 

『この量の弁当を一人で平らげているあなたに、それはないでしょう、、、。』

 

 

と、グロッキーでも、やっぱりクール系?!な辛口トークな?!ポンちゃんで、ありました。

 

 

こうして、外ロケ前の一時の安らぎタイム?!が終了しました。

 

 

『美佳(めいちゃあ)食べ終わった?!そろそろ準備して出掛けるよ、、。』

 

 

と、スタッフに言われて外を見てみると、私達のロケバス?!ロケワゴン車?!が入り口で待機していました。

 

 

この外ロケが、とんでもないハードな時間になる!とは、その時は全く知らずに、能天気にランチタイムの余韻に浸っている私達でした。

 

 

(つづく)