人生山あり、谷あり!!それからの私達♪その8の巻き!

 

こうして、私とポンちゃんの、面白盛り上がりカラオケ大会の結果発表の時間がやって参りました。

 

あのカルピス服?!の司会のお姉さんが再び壇上に上がっていらして、結果発表となりました。

 

私もポンちゃんもドキドキもんで、ワクワクもんで、手に汗を握っていました。特に私が、、、。

 

私の鼓動の中で、ファンファーレの音?!♪が『パンパカパーン!!パンパンパン!パンッパパーン!!♪』

 

と、流れていました。

 

『お待たせ致しました。それでは、本日のカラオケ大会の結果発表に移りたいと思います。』

 

 

そして、その時私達は、観客席の後ろのほうで、応援に来てくれたエステの女の子達や、関西系の超面白キャラのGさん、そして、Gさんを紹介して下さった、私達をいつも窮地から救ってくれるヒーローのダンディーTさんの日本人男性お二人とも揃って、皆で固唾を飲み込んで?!結果の行方を見守っていました。

 

 

 

『まず、第三位の方から発表します。第三位は、、、、、。おめでとうございます。お二人で歌って下さり、私達を盛り上げて下さった、深せん在住の日本人御夫妻のお二人です。おめでとうございます、、、。どうぞ壇上にお上がり下さい。』

 

 

そして、私とポンちゃんは思わず、、、。

 

 

『やったー!!三位だよ!!何か笑っちゃうよ、、、。嬉しい!!感動!!』

 

とお互いに喜びながら、壇上へ上がって行きました。

 

そして、皆さんも大盛り上がり、、、、。

 

『いいぞー!!』

 

 

『上手だったよ!!』

 

 

『楽しかったよ!!』

 

 

と、踊りながら?!笑いながら壇上に上がった私達に、またまた観客の皆さんや、関係者の皆さんは、温かいお言葉をかけて下さいました。

 

 

『有難う!!有難う!!凄く嬉しいです!!中国大好き!中国人大好き!!』

 

テンション上がりまくりの私は、何度も何度も感謝の言葉を発していました。

 

 

ポンちゃんも、

 

 

『有難う!!』

 

 

クール系を決めながらも?!内心では、かなり嬉しそうでした。

 

 

何だかんだといって、目立ちたがり屋の似たもの夫婦?!らしい?!私達でありました。

 

 

そして、司会者のお姉さんは、、。

 

 

『おめでとうございます。本当に楽しかったし、歌も踊りも最高でした。これからも、仲良く深せんでの生活を楽しんで下さいね。』

 

 

と言って下さり、両手で何やら大きなものを抱えて、再び壇上の中央へやってきました。

 

 

『それでは、第三位の賞品です。体重計です!!』

 

 

これには、会場も、そして私達二人もドッヒャー!!

 

ドリフの加藤茶さんと志村けんさんがオチをつける時に、後ろに倒れそうになったりする、あの状況になりそうなくらい?!驚いて口が開いて、笑うのに一テンポ遅れて?!しまいました。

 

 

そのくらいにびっくり仰天!!どうして、こうなるんかい!!!?と、突っ込みたくなるくらい、本当に笑えてしまいました。

 

 

そして、そのデジタルではない、あの懐かしのメモリの体重計を頂戴して、大事に抱えながら、感激の一言!!

 

 

『本当に、有難うございました。これで、益々ダイエットに励めます。頑張って痩せまーす!!』

 

 

これには私のダイエットエステを施し続けてくれた、エステの女の子達も大爆笑!!!

 

相変わらず美佳(めいちゃあ)に、ダイエットは、かかせない切っても切れない御縁があるんだわー。

 

 

と、思ったに違いありません。

 

 

きっと神様は、

 

 

美佳、ちょっとダイエットに成功したからって、また油断して、バクバク美味しいものばかり食べ過ぎちゃ駄目ですよ!!

 

 

と、温かい警告?!を、して下さったような、、、そんな気がしました。

 

 

そして、爆笑の渦の中、このカラオケ大会は無事?!終了しようとしていました。

 

 

、、、が、そんな時にまたもやびっくり事件?!が発生したのでした。

 

 

私と、ポンちゃんが、第三位の賞品を抱えながら、カラオケ大会の看板等の前で、記念撮影などをして、応援に来て下さった方々と談笑していると、、、。

 

 

『ちょっとすみません、、、。私はこういうものですが、、、、、。』

 

と、名刺を持って、私達の前に現れた男性がいました。

 

 

『何ですか?!』

 

 

『貴方たちのパフォーマンスを拝見していた者です。歌もダンスも大変良かった!!よかったら、○○歌のコンテスト?!に出てみませんか?!』

 

 

『えっ?!もしかして芸能関係の会社の方ですか?!』

 

 

『はい!!』

 

 

『これってスカウト?!』

 

 

『はい。そんなような感じですかねえ、、。』

 

 

と、何とスカウト?!的な事をされてしまいました。

 

 

『ポンちゃん、どうするよお?!ちょっと私達深せんデビューですか?!って、どうする!!どうする?!何か凄いよねえ、、、。』

 

 

と、超お調子者の私?!は、とっても嬉しくなってウハウハ状態?!になってしまいましたが、隣でポンちゃんが渋めの?!顔をして、そんな浮かれ状態の私を横目に見ながら、

 

 

『そんな簡単にデビューなんか出来るわけがないじゃん!!相変わらず単純で何も、考えてないよねえ、、。』

 

 

と、どんな時も超慎重派!?と言っても、まずは、そう考えるのが普通らしいのですが、、、!

 

 

私はその辺が超能天気ちゃん!!?

 

 

『あっそうだよねえ、、。』

 

 

と、日本語でボソボソと二人で話しているのを、そのスカウトマンのお兄さん?!は、不思議そうに見つめていました。

 

 

そして、結局は、

 

 

『また、よく考えて、後で連絡します!』

 

 

と、御名刺だけ頂き、その場でお別れしました。

 

 

その後の進展は結局なかったのですが、こんな風にスカウト的な?!不思議な楽しい出会いも経験させて頂けて、とってもとっても実りの多い、楽しい楽しいスーパー主催のカラオケ大会は幕を閉じたのでありました。

 

 

(ちゃん、ちゃん♪)