人生山あり、谷あり!!それからの私達♪その7の巻き!

 

 

こうして、私とポンちゃんの調子に乗りまくったカラオケ大会は、どんどんエスカレートしていき、これは一体誰のコンサート?!状態にまでなっていってしまいました。

 

 

そういえば、予選会の時も、有難い事があったのです。

 

 

お話し忘れてしまいましたが、

 

『北国の春』をリクエストにより急遽皆さんの前で歌ったり、

 

 

帰り際に予選なのに、

 

 

『これは、特別賞です!!』

 

 

と、私達夫婦に、スーパーの宣伝用の面白い傘を何と二本もプレゼントして下さったり、、、。

 

 

この頃から、良い運勢が私達を応援してくれていたのしょうか、、、?!

 

 

ここまでいいことが重なると段々恐いものなし?!状態といいますか、普段なかなか自信を持てずにオドオドしてしまう小心者の私!も、

 

(これは走れー!!!のサインを神様が出して下さったんだ!!!)と、思い、益々エスカレート!!!!

 

 

 

これには、きっとカルピス服?!の司会のお姉さんを始め、カラオケ主催関係者の皆さん多少なりともヒヤヒヤしたのではあるまいか?!

 

 

と、後から考えてしまいますが、この時はそんな事を考える暇などあるはずも無く、こういう時は、A型といっても、美佳りんパパのAB美佳りんママのOという何とも珍しい?!組み合わせタイプのA型の私は、その多種多様な血液の組み合わせが私を後押ししたのか?!

 

 

それともはたまた、この日のくじ運が良かったからか?!

 

 

そうです。本選始まる前に、くじを引いたら、何と、中国人の大好きな『8番』

 

だったのです。

 

 

周りにいた友達は、

 

 

『美佳(めいちゃあ)8番なんて縁起がいいよ。八是発財!!(中国語で8はお金が儲かる!!というような言い伝えのある、とにかく幸運な数字で、日本人がラッキーセブンにこだわるのと似たような感覚で、8が大人気の数字なのです。)』

 

 

と励まされ、その8番も後押ししてくれたのか?!

 

 

本来のA型らしからぬ?!後先考えず大胆不敵状態?!で突進するのみでございました。

 

 

 

そして、コンビでプロデューサー?!のポンちゃんのOKサインを頂き、私はついに、、、。

 

 

 

『皆さん、楽しいですか?!盛り上がっていますか?!』

 

 

と、テンション上げまくりの、声張り上げまくりで、叫び始めました。

 

 

『おー!!いいぞ。いいぞ。楽しいよ!!』

 

とか、

 

 

『もちろん、盛り上がっているよー。』

 

 

と、相変わらず老弱男女の元気な声があちらこちらから絶えず聞こえて参りました。

 

 

『そうですよねー!!皆さんの笑顔を見たら、私達も嬉しく興奮してきましたよ。』

 

すると、大拍手!!!!!

 

 

 

『それでは、ここで皆さんの笑顔にお答えして、日本の曲を歌いましょうか?!』

 

 

『どうですかー?!皆さん。聞きたいですか?!』

 

 

すると、、、、。

 

 

『聞きたいよ!!もちろん聞きたいよ!!』

 

とか、

 

 

『歌って下さいよ!!』

 

 

と、大変に温かい反応で、またまた嬉しくなり、晴れ渡る青空の中、少々?!いやかなり汗だくでしたが、左脳で、(今日は痩せそうだなあー。)

 

なんていう気持ちよいアルファー波!まで反応してくれて、楽しめて、ダイエットなんてこれこそ一石二鳥!!

 

と心の中も超ハッピーでした。

 

 

『それでは、皆さん歌いますね。』

 

 

それから、皆さんが聞いた事のあるであろう日本の歌をちょこちょこ歌ったり、

 

頃合を見計らって、もともと歌うはずであった中国語の歌を再び歌い出すと、大きな声で皆さんも一緒になって歌って下さり、

 

何といつのまにか私のアカペラの歌に、伴奏を用意して下さり、伴奏つきで最後まで歌ってしまいました。

 

 

これには大感激!!!!

 

大大盛り上がり状態でした。

 

 

『いいぞーいいぞー!!上手いぞー!』

 

 

と、会場と一体になって、ずっと歌っていました。

 

 

 

こうして、最初の演目!!(もともとの所、最初の演目どころか、一曲のお約束が、、、、、。えろう、すんまへん?!状態ですが、、。)

 

 

『恋の予感』をひっちゃかめっちゃかな舞台状況で、マイクは壊れて私はしかたなく、花をポンちゃんに持たせて?!後ろでかなり控えめにバックダンサー?!に徹してから早15分?!近くは経過していたと思います、、、。

 

 

こうして、皆様の満面の笑みと、親しみを込めて送って下さった温かい鳴り止まない拍手の中を、無事舞台をやり遂げた充実感とともに、深々とお辞儀をして、

 

 

 

『皆さん本当に本当に有難うございました。中国大好き!深せん大好き!中国人大好き!!皆さんの健康とお幸せを祈っています。美佳(めいちゃあ)とポンちゃんでした。』

 

 

『謝謝!!(シェイシェ!!!)』

 

 

と、再び大きな声で挨拶を終えると、ようやくカルピス服?!の司会のお姉さんが、

 

 

(そろそろ話して大丈夫かしら?!)という表情で、再度舞台に上がっていらっしゃいました。

 

 

 

『はい、日本人の御夫婦による大変楽しい歌でした。本当に盛り上げて下さいましたね。有難うございました。』

 

と司会の方が言うと、

 

『良かったですよ!』

 

『楽しかった!!!』

 

 

と、観客の方がそう掛け声をかけて下さいました。

 

 

 

『それでは、再度このお二人に盛大な拍手をお送り下さい。』

 

 

『本当に有難うございました!!!』

 

 

と二人で挨拶をして、満足しまくって、舞台を降りました。

 

 

こんな充実感と爽快感は何年ぶりだったのだろうかあ?!そう思いました。

 

 

独身時代はよく職場でも学校でも、留学時代も、趣味の習い事の場所でも、友達と語っている時でも、いつも、どこでも、

 

 

『美佳ちゃん、何か芸やって!』

 

とか、

 

 

『美佳ちゃん、ものまねやってよ!!』

 

 

とか言われて、そうリクエストがあれば、たとえ熱が出ていようと声が風邪でボロボロでも、

 

ハクション大魔王ではありませんが?!

 

『呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン!!?』

 

 

と、いつでも、リクエストにお答えして、どんな場所でも、ものまねしたり、歌を歌ったり、色々皆さんに笑って頂いていました。

 

 

そうしている時が、嬉しくて、楽しくて、爽快で、

 

 

『もういいよ。有難う!!』

 

 

と私が疲れているのでは?!と気遣って言ってくれる人がいても、更に加速して、頼まれもしないものまねまで飛び出して、止まらないエンドレスストーリー状態で、徹夜しても芸人根性?!を醸し出して、楽しんでいた時期が当たり前のような時間の中で流れていた事を思い出しました。

 

 

それが、どうしたことでしょう、、?!

 

結婚してから、何となくそういう時間を忘れて、持たずにここまで来ていた事に気付きました。

 

 

深せんに来て、10ヶ月足らずで得たこの日の感覚と経験は、あの頃の美佳りんらしさ?!♪というものを再び思い起こさせてくれたような気がします。

 

 

周りを気にせずに、自分らしく生きる大切さ、、、。

 

それが私が大好きな『順其自然』(自然のままに、生きる、、、。自分らしく生きる、、、。)

 

 

私の一番望む人生のあり方、易、算命学占いの張先生から教わったその生き方が、この日の舞台に立てた事で、実感出来た様な気がしました。

 

 

まず自分自身が楽しくなければ、周りの人を幸せにする事は出来ないという事かもしれませんね。

 

 

こうして、舞台を降りて、私達の周りに向かいのエステティシャンチームの女の子達が、バーっと集まって来ました。

 

それから、Gさんも来て下さり、(あのTさんからご紹介頂いた、面白い関西系の日本人男性)と、一緒に写真を撮ったりしました。

 

 

『美佳(めいちゃあ)旦那さん、凄く良かったよ。もう、びっくりだよ、、、。きっと、二人は賞がもらえるよ、、、。』

 

 

とか、エステの友達は皆そう褒めてくれました。

 

 

『いやーえろう面白かったでっせ!!ようあんなにやらはりましたなあ、、、。大盛り上がりでしたわ!!!ハハハ!!』

 

Gさん。

 

 

クリーム色の仕事の制服で、10人くらい来てくれていたので、

 

 

『仕事を抜けて大丈夫なの?!』

 

 

とポンちゃんも心配そうに聞くと、

 

 

『大丈夫!大丈夫!何とかなるでしょ?!』

 

 

と相変わらず大らかで、その能天気ぶり?!にまたまた皆で大笑いでした。

 

 

そして、Gさんもいつのまにかエステの女の子達の人気者になっていて、当時Gさんは中国に来たばかりで言葉はほとんど通じないのに、そのユニークなキャラクターと、素敵な笑顔で、あっという間に中国人の心を鷲づかみ?!にしていて、

 

(笑顔に国境はいらないんだなあ、、、。)としみじみと感じました。

 

 

Gさん、彼女たちが何を笑っているのか分かったのですか?!』

 

『そんなもん、分かるわけあらへんですわあ、、、。ハハハ!!!』

 

 

と、その大きな笑い声に、エステの子達も、

 

 

『彼は何を言ったの?!アッハッハッハッ!!!』

 

 

と、ほとんど会話になっていない状態でしたが、可笑しくて、私達もゲラゲラ笑ってしまいました。

 

 

カラオケ大会のお陰で、人の縁がまた新しい人と人を繋ぐ輪になって、そこには明るい笑い声が絶えなくて、休日の昼下がりの深せんで、

 

ここの所踏んだりけったり、盗られたり!!の深せん生活を送っていた私とポンちゃんでしたが、久しぶりに、心底幸せな気持ちに包まれていました。

 

 

そして、あっという間に、結果発表の時間がやって来ました。そして、あのお馴染みの、、、、。

 

 

カルピス服?!の司会のお姉さんが、再び壇上に上がって来ました。

 

 

『お待たせ致しました。それでは、本日のカラオケ大会の結果発表に移りたいと思います。』

 

 

そして、この結果発表には、もっと笑えるエピソードが待ち構えているのでした!!

 

(このお話はまだまだ続くよん!)