手相占い講座?!インエステ店♪ その4

 

こうして、ポンちゃんの手相占い講座?!の一人目の鑑定が無事終了しました。

 

ギャラリーもかなり盛り上がっていて、

 

『次は、私、、。私だからね、、。』

 

とか、お互いが言い合っていて、一体誰が次なのか?!分からない状態でした。

 

大先輩のA姐の鑑定が終わり、次は誰かなあ?!と見渡すと、やはり最終的に2番目に決まったのは、中間的姐御?!になりました。

 

何しろA姐は、トップオブ姐御イン.エステ店?!的存在な方だったので、私の予想は大よそ当たりました。

 

こうして、二番目、三番目、、、、。

 

と占いは続き、超若い、ギャルチーム?!へと、続きました。

 

何しろ超若い、ギャルチームは、年齢が18歳くらいから始まるので、ピイピイ、、。と騒がしく、

 

大声を張り上げて、

 

『次は、誰?!何を占いますか?!』

 

と、聞き、手相の線がよく見えるように、明るいほうへ座らせ、あっという間に8人くらい鑑定が終了してしまいました。

 

さすがのポンちゃんも、

 

『ふー疲れたよ、、、。』

 

とハンカチで汗を拭き拭き、お疲れのご様子、、、。

 

疲れた顔をする度に、エステティシャン達が、代わる代わる、

 

『御苦労様、、。今水を持って来ます。』

 

と言って、まだ飲みきっていないポンちゃんのコップに何度も、お水を入れ替えてくれて、、、。

 

精一杯の感謝の気持ちを表してくれていました。

 

こうして、占うにつけ、皆の一番の感心事は、やはり恋愛運!

 

『素敵な彼氏はいつ現れるの?!かっこいい?!どこの省の出身?!』

 

『いつ結婚するのかなあ?!』

等等、、。

それから、将来はどんな風に発展していくのか?!例えば、

 

『ねえねえ、私はこの先ずっとエステ関係でやっていくのかなあ?!』

 

『自分のお店を出せるかしら?!』

 

『私は、お金持ちになれる?!』

 

等等、、。

 

占い鑑定をしながら、彼女達の本音や、人生観がちらほら垣間見れて、移り変わりの激しい深センに暮らし、その激動の都市で、若いのに頑張って働いているその笑顔の陰では、人知れぬ寂しさを感じていたり、様様な思いを胸に秘めて暮らしている、、。

 

という、当たり前のようだけど、やはり話してみなければ分かり合えないお互いの気持ちが、冗談を言い合いながら、ギャーギャー騒ぎながら、彼女達自身も確かめ合えたようでした。

 

そして、大御所登場!となりました。

 

それは、もちろん凄腕店長、、、。

 

ポンちゃんの顔も真剣になりました。

 

その細い綺麗な手のひらには、彼女の夢や人生観がいっぱい詰まっていました。

 

『こりゃー凄い、、。この頃に貴女の人生を変えるような大きな出来事があったでしょう、、。』とズバリ指摘したら、

 

『旦那さんの言う通り、、。』

 

と敏腕店長、、。

 

『それと、うわー健康運があまり良くないねえ、、、。ストレス性の病気やら、起こりやすいから、食生活を気をつけるように、、。』

 

とポンちゃん。

 

『当たっているわ。確かにいつも体調は良くないし、食も細いから、疲れやすい、、。人を管理したり、纏める仕事は、物凄くしんどいし、物凄く頭も使うから、想像以上に大変なの、、。』

 

と、大納得の店長でした。

 

周りのギャラリーも、

 

『そうだよねえ。店長は美人で、仕事も物凄く出来るし、皆の憧れの的だから、きっとその陰では人知れぬ苦労をたくさんしていると思う、、。』

 

と、彼女の事を思って、そんな風に発言していました。

 

そして、仕事をバリバリやっているけれど、この一言が、彼女の家庭的な面も醸し出してくれました。

 

『主人と、子供は私の一番大切な理解者なのよ。色々と協力してくれるから、私はこうして夜も昼も無く仕事に没頭出来るから、、。有難いと思っているのよ。』

 

と、彼女、、。

 

何と恵まれた店長なのでしょう、、。

 

ギャラリーのピイチク娘達も、凄腕敏腕店長の事を、とても羨ましがっていました。

 

『いいなあ、幸せねえ店長、、、。』

 

と、それぞれが口を揃えて言っていました。

 

こうして、ポンちゃんの手相占い講座?!も、このエステ店だけでは無く、広く深セン中へ浸透しつつありました???