気分を変えてダイエットエステでGO GO!、、その2の巻き!

恐るべし?!超面白♪ダイエットエステの実態 1

 

こうして、私のダイエットエステ!!が始まりました。

 

エスティシャン達のユニークな実態は、ゆっくり追々とお話していきましょう。

 

まず、そのユニークな恐るべし?!ダイエットエステの実態に迫ります。

 

ピンクのワンピという可愛らしい衣装で、エステをしてくれるので、ソフトなイメージがあったのですが、このダイエットエステは激しい、激しい、、。

 

半端な覚悟じゃ、とても続けられません、、、。

 

サウナをたっぷりと浴びて、シャワーを浴びて、、(そうすることで新陳代謝を上げるそうです。)

 

それから、ガウンを着て、紙のパンツを履きます。

 

これで、被ダイエット者?!の衣装は完了、、。

 

それから、ダイエットの場合はちょっとしたVIP室?!のような、綺麗で広い部屋へ案内されます。

 

一日につき3時間半くらいかかるダイエットコースの全行程は、結構疲れます。

 

肉体的にも精神的にも、、、、。

 

まず、体重を計らされます。

 

その体重計は、普通の針の指す、デジタルではないオーソドックスな体重計ですが、この体重計がどうも怪しい!!

 

というのも、どう考えても2キロ近く狂う時があるのです。

 

さすがの私も?!これには、チェックが煩かったので、

 

『ねえ、この体重計狂っているよ。私の家のデジタルで体脂肪も出る体重計では、こんなに重くないもの、、。』

 

とキッパリと断言させて頂きました。

 

『そんなはずないでしょう、、!!大丈夫大丈夫!!』

 

と2,3度体重計の調節を試みるも、大した問題ではない!!という感じで、私の反応に驚きもタジロギもせず、次の行程へ、、、、。

 

最初に、湖南省の彼女のマジックハンドでの、マッサージが始まりました。

 

『美佳(めいちゃあ)いくよ。これから、このオイルを使って、腹部をマッサージします。多少痛いかもしれないけど、辛抱してね。』

 

と笑顔で一言、、。

 

『お願いします。』

 

と、ここまで来たら、後は野となれ山となれ、、。まな板の美佳(めいちゃあ)?!です。

 

そして、始まって一分もしないうちに、私の悲劇?!いや喜劇?!が幕を開けたのでした。

 

『いた〜い!!痛いよ。助けてー!!』

 

と私の雄叫びが始まっていました。