気分を変えてダイエットエステでGO GO!、、その1の巻き!

 

こうして、紆余曲折?!を経て、ルーメイ依存症?!から立ち直るためにも、連絡をくれなくなったルーメイの事を一旦忘れようと、ポンチャンからのお勧めも頂き、Yエステ店で、傷ついた心を癒し、そして、たまった脂肪を取り去り、新たな美佳(めいちゃあ)に変身!するために、早速Yエステ店に尋ねに行きました。

 

私の性格として、ダイエットをすると一旦決めたら、何をさておき頭の中は痩せる事だらけになり、夢中になる性格で、他に目もくれなくなるので、短期間でバチッと決めて頂きましょう?!作戦!!で、1〜2ヶ月のコースで早速申し込みました。

 

平均して週に4回くらいは、エステ店に訪れて、エステシャンの女の子(最初の私の担当は、湖南省出身のスリムな、笑顔の綺麗な女の子でした。)

 

彼女は、店の中では、ベテランなようで、彼女の御付きの部下?!的女の子達がいつも2人くらいついていました。

 

まず、可愛いクマさんのガウンに着替えさせられ、ロッカーに荷物を入れて、サウナへ案内されます。

 

サウナは乾室と湿室を二つあり、私はサウナ大好きなので、両方浴びます。

 

その間、担当の女の子と部下?!の子達が、ずっと私についていていてくれます。

 

裸の付き合い?!とはいいませんが、タオル一丁の私を目の前に、

 

『美佳(めいちゃあ)は色が白いのねえ、、、。』とか、

 

『お腹の肉はちょっと凄いけど、この辺りは、それほど脂肪がついてないから、そこはダイエットの必要がないねえ、、。』とか、

 

『その体型は日本ではどうなの?!ややふっくら系?!かしら、、。』

 

とか、それ以外にも、

 

『旦那さんの給料はいくらくらい?!』

 

とオーソドックスな質問?!へと展開するのです。

 

(そんなにジロジロ見ないでよー!!)

 

(どこ見てんのよー?!BY青木さやかさん風?!)と思いましたが、、。

 

しょっちゅうお湯をコップに入れて持って来てくれます。

 

そこには、彼女達より一回り?!くらい年上のエステ店のお母さん的存在の可愛いおばさんが常勤していて、掃除婦兼、従業員達の食事作りをしていました。

 

皆話し好きで、プラス日本人の客など初めてのようで、珍しがってあれこれ質問攻め、、。

 

マッサージ中でも、7,8人もやって来て、私に話し掛けてくれます。

 

『君達、仕事は、しなくていいの?!』と皮肉っぽく?!聞くと、

 

『今は忙しくないから、美佳といると楽しいから、来たのよ、、、。』

 

と、楽しそうに笑っています。

 

この大らかさが、私には本当に眩しかったのです。

 

『美佳(めいちゃあ)どの辺りの脂肪を取りたいの?!』とか、

 

『旦那さんは何の仕事をしているの?!』

 

『どうして中国語が話せるの?!』

 

『今日の洋服は日本で買ったの?!いくら?!私も欲しい、、、。』等等、、。

 

これでもかー!!というくらい遠慮無しで、よくまあ話し掛けてくれます。

 

でも、このお節介なほどの面倒見が、当時の私にはとても心地良かったのです。

 

ルーメイ事件?!の事も少しずつ忘れていきました。

 

しかし、この湖南省の可愛いエスティシャンがこの後、とんでないこと?!をしてくれたのです。

 

そして、ポンちゃんもこのエステ店に無くてはならない人材?!となっていくことをその時はまだ知らなかったのです。