ルーメイの御両親、突然の来訪、、その1の巻き!!

 

ルーメイと、『美佳倶楽部』の活動を繰り広げて、早一ヶ月が経ちました。

 

Gホテルで出会ってから、5ヶ月ほど経ち、ルーメイはGホテルを辞めて、私の下で一緒に仕事を手伝ってくれていましたが、

そうそう順調には続かなかったのです。

 

大梅沙へ2人でプチ旅行をしたのは、まるで何かを予言していたのでしょうか、、、?!

 

2人の思い出の最後の旅行?!となってしまいました。

 

ということに後で気付くことになるのですが、、。

 

その後、突然ルーメイの御両親が、深センへルーメイに会いに来る、、。という突然の御両親の来訪があったのです。

 

その頃、ルーメイが苦悩な選択をせまられていたという現実と闘っていたとは、私は夢にも思いませんでした。

 

そうして、ルーメイの御両親が深センに来られたのです。

 

一週間ほどの滞在で、その間、ご両親は、ルーメイの新居で3人で生活する事になりました。

 

『美佳(めいちゃあ)父と母は、美佳と旦那さんに本当に感謝しているんだよ。』

 

『是非、家に一度はお連れしてね。お食事を御一緒したいから、、。』

 

『有難う美佳!!』

 

とルーメイは至って元気な様子で、毎日御両親をあちこちと深センを案内していました。

 

そして、ルーメイの御両親との初の御対面の日がやって来ました。

 

『あのルーメイの御両親だものね。きっと素敵な方々だろうねえ、、。』と私、、。

 

『そうだろうねえ。きっと優しい御両親だろうねえ、、。』とポンちゃんも楽しみにしていました。

 

ルーメイが連れて来ると、、、。想像した通りに、お2人とも、優しそうな御両親でした。

 

『ルーメイの父です。』

 

『母です。』

 

『いつもルーメイから話は聞いています。本当に色々とお世話になっているようで、有難うございます。』と、深々とお辞儀をされました。

 

『とんでもないです。こちらこそ、ルーメイには本当に色々と助けてもらっています。主人も私も本当の妹みたいに感じているんですよ。』と、話が弾みました。

 

『ルーメイの御部屋では狭いでしょうから、良かったら家に泊まって下さい。』と言ったのですが、御遠慮されました。

 

シャワーが付いてないので、私もポンちゃんも心配して、それから家でお風呂にゆっくり入って頂きました。