いよいよ、エイプリール大作戦の本番です!その3の巻き!!

 

このちょっと余計な想像に従って?!更に細かい演技をつけてみました。ポストから受け取ったその手紙の裏側もチェックしたりなんかもしてみました。そして、おまけに手紙を振ってみたりなんかも?!してみました。ちとやり過ぎか?!(笑)こうして、私の一人芝居?!完璧なまでに幕を閉じました。そして、上へ上がって行き、中に入りました。

 

 

相変わらず、今日がエイプリルフールなんて事を、しっかり気に留めずにいてくれたような、能天気なポン様でございました。

 

 

『美佳りん隊長、ご苦労様です。』

 

 

『ほい、ポンちゃんの例のものです、、。』

 

 

『うわー美味そう!』朝から食欲旺盛のポンちゃんでした。

 

 

『あのさあ、、。』と私が切り出しました。

 

 

『何か知らない人から、変な手紙みたいなのが届いてた、、。』と、訝しげな私のお得意な場面の演技を始めました。

 

 

『えっ何?』とポンちゃん。

 

 

その表情は不思議そうで、早く見せろ!!と言わんばかりの表情でした。

 

 

(ようし!!その調子だ!!)と自分に言い聞かせて、、。

 

 

『開けてみるね、、。』

 

 

そして、はさみで封を開けて見ると、、。

 

 

『何これ?!全部英語だー。まいった、、。何か最初のほうは分かるんだけど、、。だんだん、難しくてちょっと分かんないや、、。』

 

 

『えっ?!英文なの?!』

 

 

とポンちゃんは身を乗り出して、(この場は俺に任せろよ!)みたいな表情でした。

 

 

『うわーこれ、、ハハア!!びっくり何とラブレターだよ。』とポンちゃん。

 

 

『うそ?!私への?!』

 

 

『そうでしょ!あの何でも書店で美佳りんを見かけて、一目ぼれしたらしいよ、、。』

 

 

『えっ!!見せて、、。』私がびっくりした感じで手紙を取り上げると、、。

 

 

『この人英文の表現の仕方が綺麗だよ。結構英語出来る人かも、、。凄いじゃん美佳りん!!モテルねえ、、。』

 

 

『えっマジで?!どんな人かなあ、、、。』と私。

 

 

すると、『この人さあ、会いたがっているみたいだね。いついつ、どこかで待ってる、、。みたいなこと、書いてあるけど、、。これさあ、見も知らぬ人だし、危ないかもしれないよ、、。会いに行かないほうがいいよ。ここは深せんだよ!!』いつもの如く?!的なお言葉を頂きました。

 

 

『えー会ってみたい。せっかくこんない真剣にラブレターをくれたのに、悪いじゃん!!』とすねて?!みると、、。

 

 

『駄目駄目!!絶対止めな!!感じのいい人だったら、きちんと自分の素性とかもう少し名前以外にも明かすはずだろ?!』と、ポンちゃんは少し恐そう?!でした。

 

←戻る   ホーム   進む→