強烈な?!忘れられないエイプリルフールその6の巻き!

 

こうして、多くの人を巻き込んでの、エイプリルフール大作戦が始まりました。家で、きれいにイエ先生と二人で制作した英文レターを清書して、それから、某盲人マッサージ屋さんの、パティちゃん似の女の子に、あらためてその手紙を渡しに行きました。

 

 

『うわー良く書けているね、、。』さすがです。

 

 

英語を勉強している彼女は、パッと見ただけで、英文レターの内容が分かったようです。

 

 

『じゃあ、よろしくお願いします。』

 

 

OK!!きれいに仕上げておきますよ!!』と、これで後はパティちゃん?!にお願いすることにしました。

 

 

何だか本当に不思議な展開になってしまいました。私のこんな馬鹿馬鹿しい?!事に、(でも私にとっては、結構大事なことでもあり、、。これから先、長い人生を夫婦として暮らしていく上で、ポンちゃんがあまりにも焼もちを焼かなすぎるのも、辛いところでありまして、、、?!) まあ、これもあれも、全て家族が仲良く暮らせるための、偏に私のささやかな努力から来ているのだー!!と考える自分がいて、(ああ美佳って、何て健気な妻?!なんだろう!!)と、こんな時は自分で自分を誉めてやろう?!と思うことにしました。

 

 

『外国で、ここまで手の込んだ事をしている妻を、大事にせねば、バチが当たるよー?!!』訳の分からない?!多少言い訳めいた?!独り言を言いながら、またまた帰宅の途に着きました。

 

 

そして、ワクワクしながら、タイプで打った、まさにこれこそ完成品!!の英文ラブレターが出来上がるのを、首を麒麟のように?!長くしながら待っていました。そして、、、。ようやく出来上がりました、、。パティ?!ちゃんが、綺麗に仕上げてくれました。その英文は明朝体の英文文字で打たれていて、便箋の横の線の上にきちんと字が配列するように、打たれていて、何だか涙が出そうに感激してしまいました。

 

 

『ここまで、きれいに仕上げてくれて、本当に有難うね。』

 

 

『どういたしまして、、。美佳が気に入ってくれれば、私も嬉しいです。』

 

 

そして、マッサージ屋の女の子達が、こぞって、『見せて、見せて!!』と、覗いていました。

 

 

『さあ、あとは美佳の腕次第だよ。成功を祈るね!!』

と、皆が応援してくれました。

 

←戻る   ホーム   進む→