強烈な?!忘れられないエイプリルフールその5の巻き!

 

そして、そんな私たちの様子を見て、マッサージ屋さんのプロデュースや営業の仕事をバリバリとこなしている、女の子がいるのですが、彼女がやって来ました。

 

 

彼女は、私の大好きだった漫画『キャンディキャンディ』テレビでも放映されていましたが、そのキャンディの友達のパティという女の子に非常に雰囲気が良く似ていたので、時々パティ!!と呼んでいました。ストーリー上でも、主人公のキャンディが大変な時に励ましたり、友達思いで、とっても世話好きな女の子なのですが、マッサージ屋さんのパティちゃん?!も、性格まで、ストーリーに出てくる女の子と良く似ていて、とっても世話好きな女の子でした。

 

 

その彼女が、『どうせだったら、その手紙を私が英文のタイプで打ってあげる、、。それをプリントアウトしたら、よりリアル感が出て、美佳に一目ぼれした、その男性が英語を真剣に勉強している感じも、醸し出せるし、旦那さんにも、それだけこった作品だったら、簡単にばれないでしょ?! なるほど、、、。あまりに鋭い感性に、私はまたまた大感激してしまいました。

 

 

『仕事が忙しいのに、こんな馬鹿なことに付き合わせてしまって、いいのかな?!』

 

 

『私たちも、楽しいし、どうせなら、旦那さんがあっと言うくらい、面白く仕上がったほうが楽しいでしょ?!』

 

 

『有難う!』

 

 

すると、周りの子達も、『どうせやるなら、そこまで細かくやったほうが、楽しいよ!!』

と、応援してくれました。

 

 

何だか、思いもしない?!展開になって来ました。でも一つ不安もありました。

 

 

『ねえ、でもさあ、もしここまでやっても、旦那が、ちょっとも焼もちを焼いたり、不安にならなかったら、それはそれで私たちの関係ってやばいかなあ、、?!』

 

 

と聞くと、彼女達は、『大丈夫だよ。きっと心配になって、ハラハラするよ。』優しい言葉をかけてくれました。

 

 

そして、私は、そのパティちゃん似の彼女の言葉に甘えることにしました。下書きの文章をあらためてきちんと清書して、可愛い便箋と一緒に、彼女に渡すことにしました。

 

 

帰り際に、『美佳(めいちゃあ)頑張って!成功を祈っているからね、、。』と大勢の熱い声援を頂き、この上も無く感激した私は、またまたワクワクもんで、帰りました。

 

←戻る   ホーム   進む→