美佳倶楽部誕生までの道のり!!その6の巻き!!

 

こうして、トントンと?!『美佳倶楽部』の正式な設立となりました。何だか夢のような気分でした。自分の長年の夢への一歩が、こうしてルーメイとの出会いにより、叶うこととなったのです。でも、この私の幼い考え?!がまたもや、怒涛のような人生の扉を開けることになろうとは夢にも思っていませんでした。そうです。人生そう簡単に甘い汁は吸えません!!これからが本当の意味での正念場?!となるのでした。

 

 

ルーメイちゃんは早速ホテルの上司に退職願いを提出しました。ルーメイの思いがけない行動に、誰もが

 

『どうして?!ルーメイ何があったの?!』『もしかして、誰かと結婚するの?!』、『もしかして、美佳(めいちゃあ)がどこかの素敵な日本人男性を紹介してくれて、日本にお嫁に行くの?!』、『お金になる凄い楽しい仕事でも見つかったの?!』、『故郷に帰って、結婚するの?!』とか色んな事を言われた、聞かれた、、。みたいでした。

 

 

まさにルーメイの人生の一大事!!でした。

 

 

そんな騒動が起きているとはつゆ知らず、私は、ルーメイが正式に家に出勤しに来る日が近づいていたので、活動の準備をしていました。そして、いよいよルーメイと正式に契約を交わす日がやって来ました。

 

 

『ルーメイ、準備は大丈夫だね?!』

 

 

『大丈夫。』

 

 

そして、ポンちゃんも含めて、三人でサインをしました。そして、同じ契約書の原本をお互いに一部ずつ持っていることにしました。

 

 

『うわー何かさあ、まるで、本当に会社を作ったみたいだねえ、、。』浮かれ気分?!の私、、。

 

 

『相変わらず、何バカの事言ってんだ、、。』ポンちゃんに頭を小突かれました。

 

 

それを見て、『何言ってるの?!』のルーメイに笑われました。

 

 

こうして、無事ルーメイと『美佳倶楽部』の活動を運営していくこととなりました。ここからが本当に大変でした。それは、追々皆様にお話して参りましょうね、、。

 

←戻る   ホーム