美容院で大騒動?!その3の巻き!!

 

そして、思い余った?!私は、ルーメイちゃんに相談する事にしました。

 

 

『美佳(めいちゃあ)は、確かに髪の量が多いので、少し打薄(ダーバオ)してもらった方がいいね。それから、段がだんだん揃ってきているので、ストレートのパーマをかけてもらった方がいいかもね。』 と妥当な意見で、私が思っていた事と大体同じ感覚でした。

 

 

髪の毛をカラーリングする事は、もう少し、考えてからにする事にしました。それから、妥当な値段をリサーチする事にしました。

 

 

深せんにもたくさんの美容院があり、中にも淒腕の、素晴らしいカリスマ美容師さんもたくさんいました。

 

ルーメイと二人で、『どこどこと、どこどこに、外装がおしゃれな、美容院があったよね。あそこはどうかなあ?!』とか、いくつかお互いに目を引いた美容院を列挙しながら、相談し合いました。そして、二人の意見が大体一致したある美容院に、まずは探りに?!行く事にしました。明るめな外装で、おしゃれな感じの店員さんが多かった、その美容院をリサーチするために、行きました。店内は大変広く、多くの女性が平日にも関わらず、ヘアーカットにカラーリングにと、その美容院を訪れていました。

 

 

中に入り、受付のおばちゃんがいたので、聞いてみました。

 

 

『すいません。こんにちは。ちょっとお尋ねしますが、ここは、ストレートパーマとカットは、おいくらですか?!』

 

 

『こんにちは。300元くらいです。』

 

 

『私は、日本人で、ここ(深せん)に住んでいます。自分に合った美容院を探しているのですが、、。』

 

 

『あら、。日本人なのね。』と、そのおばちゃんがそう言ったとたん、中に座って待っていたお客さんや、美容師さんが一斉にこちらを向きました。

 

 

『こんにちは。日本のお嬢さん。ようこそいらっしゃいました。』

 

 

『ストレートパーマは、本当に真っ直ぐになりますか?!』

 

 

『真っ直ぐになりますよ。家のスタイリストは腕がいいから、安心して下さい。綺麗に変身しますよ。』

 

 

という会話をして、『また来ます。』という事で、ひとまず退散!!

 

 

この店で変身?!させて頂く事に、決定しました。

 

 

ルーメイは、『いいお値段だけど、それだけきちんとしてくれると思うし、あそこだったら、心配ないと思うよ。美佳(めいちゃあ)いよいよ変身!だねえ、、。』と、言ってくれて、私は変身前の仮面ライダー?!のような気持ちでドキドキしていました。

 

←戻る   ホーム   進む→