この辺で、ドキドキ♪ドラマチック?!なお話です。大地の子 月梅さんのお話その6の巻き!!

 

そして、私は話を続けました。『グアシャー』という映画は素晴らしかったです。家族の絆が丁寧に描かれていて、大変感動しました。制作過程は、大変なご苦労があったと存じます。本当にお疲れ様でした。』

 

 

『有難う。映画を気に入ってくれて私達も嬉しいです。』

 

 

『どうか、お体に気をつけて、これからもますますご活躍下さい。応援しております。』

 

 

『有難う。あなたも元気で頑張って下さいね。』という感じで、舞台挨拶終了後のバタバタしている合間を、こうしてお話する事が出来ました。

 

 

蒋文麗さんと再会出来なかったのは、本当に残念でしたが、噂によると、彼女は大変幸せに暮らしていらっしゃるそうで、それを聞いて、私もとても嬉しかったです。

 

 

監督を始めとして、映画製作に関わられた方々と、お話をする事が出来たので、大変思い出深い楽しい一日となりました。何とその後、今日のこの私の思い出が、面白いことに発展しているとは、この時は夢にも思わなかったのです。それは、舞台挨拶の次の日に、Gホテルにて、発覚?!したのであります。後日談があろうとは、、、!!

 

 

次の日、用事があって、Gホテルの大好きなルーメイちゃんに会いに、彼女の仕事場を訪ねました。

 

 

ルーメイが、『昨日はどうだったの?!』

 

 

『うん、とても楽しかったし、映画も大変感動したよ。でも、、。』

 

 

『蒋文麗さんは来られなかったのでしょ!』ルーメイちゃん。

 

 

何と言う早耳ちゃんなのかと、とてもビックリしました。

 

 

『何で知っているの?!』と聞いてみると、

 

 

『美佳(めいちゃあ)これこれ、、。あなたの事も載っているよ、、。』と言って、深せん晩報という、深せんで大変有名な新聞を見せてくれました。

 

 

『どこどこ、、?!』とパラパラめくりながら、、。

 

 

『あーあった、、。これ昨日の舞台挨拶の様子が記事になっているんだ、、。』

 

 

あの昨日の興奮がまさにこの記事に集約されていました。

 

 

イケメンの梁家輝さんがバシッときめて、大きく写っているではあーりませんか、、、。

 

 

『ウワ−、、。早速載ってるよ。凄い、凄い!!』大興奮して、ホテルの中で子供のように、騒いでしまいました。

 

 

すると、私の大声にのせられて?!ルーメイちゃんの同僚の女の子や男の子達が何人も大集合して来ました。

 

←戻る   ホーム   進む→