この辺で、ドキドキ♪ドラマチック?!なお話です。大地の子 月梅さんのお話その3の巻き!!

 

早めに会場に到着して、席を探しました。割といい席でした。どうやら最初に映画鑑賞会から始まり、上映終了後、舞台挨拶で、役者さんや監督さん方との交流があるという感じでした。

 

 

緊張が高まる中、映画上映となりました。

 

 

『グアシャー』というタイトルで、どこかで聞いたことがあるなあ、、。と思っていたら、映画が始まり、はっきりと分かりました。

 

 

それは、私とポンちゃんが以前に深せんでやった事がある、あのマッサージ方法の一つである、(グアシャー)の名前から来ていました。この中国独特のマッサージ方法と申しますか、治療法=グアシャーが映画のあらすじの大きなカギを握っていました。

 

 

そして、その映画には何と『の子』の陸一心の養父役の朱旭さんも御出演されていました。

 

 

まさに、『大地の子』のゴールデンコンビである、江月梅役の蒋月梅さんと陸徳志役の朱旭さんが、お二人ともこの映画に出演されていたのです。これは驚きの大感激でした。

 

 

『大地の子』の制作当時、朱旭さんにも大変良くして頂き、私のホームページの中にある、『大地の子』のコンテンツを御覧頂ければ、その当時の様子がお分かりになられるかと存じますが、お二人とも、私の人生に多大なる影響を与えて下さった、俳優、女優としても大変素晴らしい方々で、また人間的にも大変に温かくて、懐の大きな方々でした。

 

 

そんなお二人が、『グアシャー』のスクリーンに出て来られて、大感激に包まれた大粒の涙が止め処なくこぼれ落ちていきました。

 

 

ストーリーも素晴らしく、心に残る温かいお話で、家族の絆をあらためて考えさせられた作品でした。そして、あっという間に時間が流れて、上映が終了しました。

 

 

終わってから周りを見渡すと、会場内が超満員になっていて、その人の多さにもびっくりしてしまいました。いよいよ、舞台挨拶が始まりました。

 

 

私は期待で心臓が飛び出そうに?!なっていました。

 

 

そして、まるで小さな子供のように、『ポンちゃん、いつ花束を渡せばいいのかなあ?!タイミングが分からないよー。』と大興奮して、彼の袖をひっぱりながら、またまた泣きそうになっていました。

 

 

←戻る   ホーム   進む→