この辺で、ドキドキ♪ドラマチック?!なお話です。大地の子 月梅さんのお話その2の巻き!!

 

そんなドキドキ♪の蒋文麗さんとの再会を夢見て、再会の日までの計画を私なりに、楽しみながら立て始めていました。その計画とは、まず彼女宛のお手紙を書くということ、それから、きれいなそして大きな花束を持って行こうということ、そして、まずは手抜きがないように、『グアシャー』公開舞台挨拶にどうやったら参加出来るのかを、きちんとリサーチしなければいけないと思いました。そして関係各所?!に連絡を事前に取って、準備を始めました。

 

 

時間は夜の7時過ぎから始まるということで、どういう段取りになっているのか、中国の公開舞台挨拶に参加すること自体が始めてのことで、少し早めに行っておこうと決めました。

 

 

ポンちゃんも行けるということで、二人で行くことにしました。

 

 

そして、当日がやって来ました。

 

 

まずは、花束作りです。

 

 

近くの花屋さんに行き、事情を話したら、『それは良かったね。綺麗な花束を作ってあげるからね、、。』と言ってくれて、花屋のおばさんは、季節の花で、蒋文麗さんのイメージに似合う花を綺麗にアレンジしてくれました。そして、花言葉も一緒に教えてくれました。

 

 

百合の花は、『百年好合』と言って、一生のいい巡り合わせを意味するそうです。

 

 

それから、グラジオラスは、『歩歩高』と言って、一歩一歩高く上る。(前進する。)という意味が込められているそうです。

 

 

黄色い薔薇の花は、友情を意味するそうです。

 

 

その他たくさん綺麗な花を花束にして下さいました。

 

 

おばさんの仕事が大変に丁寧で、心から感動してしまいました。

 

花言葉の勉強もしつつ、花束を作って頂き、書いた手紙とともに、いよいよ会場へ行く時間が近づいていました。

 

←戻る   ホーム   進む→