美佳りんママの2度目の深せん復活戦?!母の書道交流その1の巻き!!

 

私の誕生日にちなんで、お祝いに日本から深せんに来てくれた美佳りんママですが、今回は前回の悲惨な旅と違って、元気一杯でした。

 

 

初日は到着早々、ルーメイ達とマンションで誕生会の夕食を食べて、それから、いつも行っていたオアシスである、盲人マッサージ店で、誕生日パーティーを開いてもらって、皆でワイワイガヤガヤ遅くまでお祝いしました。

 

 

そんなこんなで、美佳りんママも少々疲れ気味ではありましたが、今回は短い時間の中で、色々と買い物したり、人に会ったり、観光したり、と目まぐるしく時間が過ぎて行きました。

 

 

日程中で、以前から習っていた歌(中国の童謡等)の授業もあったので、ちょうどいい機会だと思い、母も一緒に連れて行きました。

 

 

美佳りんママも歌が大好きで、以前お話した26歳の赤ちゃんのようなすべすべお肌の綺麗な、でも教え方はかなり手厳しい、あの張先生とお会いして、彼女の伴奏で母も歌を歌ったりして、授業を母娘で楽しみました。

 

 

張先生は、『美佳(めいちゃあ)のお母様も歌が大好きなのですね。とってもお若く見えるし、声がとっても綺麗で、歌が上手です。』と誉められて美佳りんママは、大変喜んでいました。

 

 

私が、歌い方を注意されていたら、後ろから、『美佳ちゃん、こういう風に歌えばいいのよ、、。先生のおっしゃっている事は、こういうことでしょ!!』等等、美佳りんママも張先生と一緒に指導してくれました。

 

 

そんなこんなで、帰りはスーパーで買い物したりしました。前も話しましたが、母は中国でのスーパーめぐりが大好きなのです。特に文房具関係の場所や、食べ物、化粧品関係めぐりが大のお気に入りでした。

 

 

ポンちゃんは、母が来ている時は、手作りの美味しい夕食が食べられるという、大特典付きなので、楽しみに帰ってくるのです。

 

 

私も、母の料理の助手として腕を発揮?!してはいるのですが、ほとんど美佳りんママが作ってくれるので、本当に有難くて、そして美味しいので、大満足でありました。

 

 

だから、美佳りんママとのスーパーめぐりは大切な日課でした。この時も色々と買い込んで帰りました。

 

 

美佳りんママのスーパーめぐりの楽しみの一つに、スーパーに売っている洋服関係の買い物めぐりもありました。

 

 

深せんは、この頃からバラの花模様の洋服がたくさん売られていて、とにもかくにも母は大のバラ薔薇ばら大好きの、少女のような乙女チックな女性なのです。

 

 

薔薇と聞くと目が無いのです。薔薇の花柄模様の商品が多い、深せんは、母にとってまさに素敵な花園だったのでありました。

 

   ホーム   進む→