張先生と一緒に、易経(算命学)を勉強する、その2の巻き!!

 

電話、電話、、。と早速、張先生に電話しました。

 

 

『張先生、こんにちは。この間は有難うございました。美佳(めいちゃあ)です。色々人生に悩んでいて、自分らしさを取り戻すためにも、人生の意味を考えるためにも、哲学を学びたくなりました。だから、私に易経(算命学)を教えて頂けませんか?!』

 

 

『美佳(めいちゃあ)こんにちは。いいですよ。易経は、占いだけではなく、人生の哲学です。古の人が、人々が人生に迷わないように、色々な人生における法則を、研究して、現代に伝えてきたものです。』

 

 

『張先生、それを学ぶと自分も変わってくるのでしょうか?!』

 

 

『美佳(めいちゃあ)、私は、悩みなどありません。』

 

 

『えっ本当に?!悩みのない人なんていないはずです。』

 

 

『易経を学べば、悩むことなどなくなってしまうのです。』張先生、かっこよく言い切っていました。

 

『悩みがなくなる事は永遠にないだろうと思いますが、生き生きと生きる事が出来るように、なるのではありませんか?!』

 

 

『その通り!!そして、悩みなど無くなります。』張先生。

 

 

私の誘導尋問?!にも負けず、やはり言い切っていました

 

 

さっすがー!!頑なな古き良き時代の男?!ミスター張!!でした。

 

 

この頑なな性格が、一つの学問を深く探求し、多くの人から慕われる有能な占い師になられたのは事実ですが、それだけ生徒にも妥協を許さない、それはそれは厳しい先生だったのです。それは、想像以上でした、、。

 

 

そして、スパルタ?!授業は早速始まることとなりました。

 

←戻る   ホーム   進む→