美佳りんパパと美佳りんママ、初の深セン入りその7の巻き!!

 

美佳りんママはかなりグロッキー状態だったので、観光スケジュールを緩めに設定して、過ごす事にしました。

 

 

 

外資系の大きなスーパーが深センにあり、色々面白いものが売っているという事で、中国人からも、スーパーの話を聞いていたので、私達も引越しして間もなくて、まだまだ足りない日用品がたくさんあり、買い物をしたいと思っていたので、美佳りんママと相談、、。

 

 

 

美佳りんママも『大きなスーパーだったら、是非見に行きたいわ。』ということで、出掛ける事になりました。

 

 

 

タクシーに乗り、15分くらいで到着しました。

 

大きくて、日用品、おもちゃ、外国のお菓子や、食料、何でも売っていて、面白くて、見るだけでも十分に楽しかったのです。

 

 

 

女性チームは、お皿や、タッパーやら、お菓子に色々買い込みました。そして、早めに帰宅して、ちょうど夜から例のイエ先生の助手のお仕事があり、日本語会話教室へ行くことになりました。

 

 

 

イエ先生は、『美佳さんのお父さん、お母さんも是非授業に見学にいらして下さい。』

と美佳りんパパとママの参加を心待ちにしていたので、その旨を伝えておきました。前にお話したと思いますが、会話以外に毎回、日本の童謡や有名な歌を生徒達に教えていたので、この日は、もうすぐお正月ということもあり、[お正月]の歌を教える事にしていました。美佳りんママは、『私は具合が悪いから、休んでいるね。』

 

 

と言ったので、美佳りんパパが、私と一緒にその日の授業に参加する事になりました。

 

 

行く準備をしながら、びっくりしたのですが、美佳りんパパは、私に隠れて、ひそかに日中辞典を使って、[お正月]の歌の歌詞を書いて、その中の単語の意味を中国語に直していたのでした。

 

 

『あーどうしよう、、。授業の準備を何にもしてないよー。』とバタバタやっていると、『お前、今日は[お正月]の歌を教えるんだろ?!お父さん、調べておいてやったぞ。』と差し出したメモを見て、びっくり。きちんときれいに単語帳?!が出来上がっているではありませんか、、。

 

 

 

『お父さん、すごいね。いつの間に、、、?!』早速、美佳りんパパの単語帳を拝借する事にしました。

 

 

 

教科書を美佳りんパパに見せたら、さりげなく?!今日教える箇所に目を通しているようでした。イエ先生が、『お父さん、お母さんにも、授業に参加して頂いて、教科書を読んで頂こうかなあ、、、。』のような事を話していたので、以前から、『お父さん、色々働かされるよー?!覚悟しておいてね!!』と冗談っぽく、少しオドシテ?!おきました。

 

 

 

美佳りんパパも、人前に出る事は嫌いではないので、(というより、大大大好き?!)なので、きっとやってくれるだろう?!と予測はしていました。

 

 

 

イエ先生の、『参加して下さい。見学しにいらして下さい。』言葉の意味は海よりも深い?!事を私は把握しきっていました。

 

 

 

『お父さん、日本の歌とかも歌わされるかもよ、、?!』と言っておきました。

 

 

 

なあんとAB型の美佳りんパパのいつもながらの用意周到ぶりに、またまた圧倒される事になるのでした。

 

 

 

準備もできた所で、夕刻になり、いざ出陣!!とあいなりました。

 

←戻る   ホーム   進む→