クリスマスは悲劇?!その4の巻き

 

あーだこーだと連絡を取っていましたが、結局の所、引き取るにも、やはり『家具屋までの運搬費用を払って下さい。』と訳の分からない事を言われてしまいました。

 

 

『日本ではありえないよね!!』とプンプンの私達。

 

 

何とかして、ホローして、客に迷惑をかけないようにして、気持ちの良いように最後まで取引をするよう心掛けるはずなのに、、、。

 

 

ここは深セン、、。もちは餅屋?!の徹底振り!!引き取りのための運搬費を客の私達に要求するとは、驚き桃木山椒の木?!でした。

 

 

お金の事では煩い!!ポンちゃんの事です。いくら中国語が当時上手く話せないとはいえ、鼻息荒く!!『こっちは客だよ。何を考えているんだよ。そんな金は一銭だって払わないよ、、。』と言って!!と興奮しているポンちゃんの言葉を何度も言い方を、バリエーションを組んで変えてみたり?!して通訳して、同時に時計の針を気にしていました。

 

 

夕方には一旦受け取り時間を変更したケーキを取りに行かなければなりません。

 

 

当時の状態で、言葉の出来ない大興奮プンプン状態のポンちゃんを、一人家に残すわけにもいかず、焦るばかり、、。そして、私達が出した苦肉の策とは、、、?!

 

 

そうです。私達もトラックに一緒に乗って、家具屋に連れて行って貰い、運搬費を私達の交通費にしてしまえば?!行って、家具を選びなおし、帰りは新しい家具と一緒に帰って来れれば、何とか気持ちも収まるかなあ?!という方法でした。そこで一つ私の中にも小さなグッドアイデア?!が、、。『そうだ、ケーキを取りにいかなければならないから、悪いけれど、ケーキ屋さんに最初寄って下さい、、。それから、家具屋に参りましょう、、。』と私。

 

 

『美佳りん、グッドアイデアだね!!』

珍しくポンちゃんにも誉められて、出掛ける事に、、。

この時にはすでに夕方になっていました。何という時間のロス、、。でも仕方ありませんね!!

 

 

国が違えば、習慣も違う、、。

 

 

それから、大分怒りも治まった私達も、お兄ちゃん達にトラックに乗せて貰い、出掛ける事に、、。このトラックが、大変な事に、、。揺れるのなんのって、、。

食事が終わったばかりじゃなくて、良かった、、。(失礼致しました。)

 

 

ポンちゃんは深センでの思い掛けない洗礼に?!驚いて、かなり興奮していました。

 

 

私は、中国滞在歴はポンちゃんより先輩なので、『まあ、色々あるよね!!』と少し先輩づら?!をしてしまいました。

 

←戻る   ホーム   進む→