美佳りん、ポンちゃん、ようやくお引越し、、その2の巻き!!

 

そんなイエンチェンとルーメイをいつも温かく見守っている?!というかいつも私達3人のかしまし娘?!の女同士話に、横から首を突っ込んでくるある一人の坊やもいました。

 

 

 

ルーメイの弟分イエンチェンの兄貴分を気取っていた?!そのBOYの事を、私とポンちゃんは、『マッチ!!』と呼び始めました。雰囲気が、あの「近藤真彦さん、マッチ!!」に良く似ていたからです。見た目はマッチさんのように、とてもかっこいい感じの、昔のマッチさんのような、素朴系のかっこよさ!!ですが、声もマッチさんに似ていて、彼の前で、『マッチでーす!!』とか『だからチークチークチーク泣けるよね。

 

 

横浜、、、♪♪』得意の美佳りん振り付きものまねで、歌って見せたら、『何それ?!』と3人ともよく笑ってくれました。

 

 

 

彼は、いつもルーメイを私が独り占めして、仲良くしていたので?!そんな二人の間にいつも首を突っ込んで、話し出したり、、、。とそんな彼の様子から、(もしかして、ルーメイに気があるのかしら?!)私とポンちゃんは勝手にそう勘違いしたり?!していました。

 

 

 

マッチは、ルーメイより少し年上だったでしょうか?!あのくらいの年齢(二十代前半)の女同士の会話で一番盛り上げることと言えば、恋ばな(恋話、異性の話)と言う事は、万国共通のようで、私は彼女達よりお姉さんではありましたが、精神的には同じ年のようなものですから、私が率先して盛り上がってしまったと言う事は、いうまでもありませんでした?!

 

 

マッチというニックネームがすっかり私達の間で定着してしまった彼は、私達かしまし娘の中でとっても重要なムードメーカーとなっていました。ニックネームの由来も、マッチは大変気に入ったみたいで、『僕、日本のスターに似ているなんて、嬉しい!!』と心から喜んでいた彼の笑顔が、本当に眩しかったのを覚えています。

 

 

 

性格は、マッチさんとは似ても似つかない感じで、男っぽいマッチさんのイメージとは、あまりに違うので、その違いを説明して、皆で笑ったり、マッチをからかったりして、かしまし娘組はいつも楽しい時間を過ごしていました。

 

 

 

毎日部屋で会って、その日に会った事を話したり、冗談を言い合ったりしていると、自然と絆も深まり、本当に近しい間柄になっていくものだなあ、、。

 

 

と時々思ったりするほどでした。これは後日談になるのですが、なんとイエンチェンとマッチはめでたく夫婦になったのです。最初は(マッチの本命はルーメイかなあ、、?!絶対そうだよね?!)とか、ポンちゃんとあーだこーだと彼らの事を噂していたのですが、縁は異なもの味なものです。

 

 

なーんとあのイエンチェンだったのです。『こりゃーびっくりだー。たまげたー。』と当時は本当に驚きました。

 

それから、一年くらい経って、イエンチェンとマッチが結婚する事になったのですから、、。

 

 

その間、ホテルからマンションに移り住んでいたので、たまにしかイエンチェンとも会わなかったのですが、、。たぶん今頃は、イエンチェンはお母さんになって、マッチはお父さんになっていると思います。

お幸せにネ!!イエンチェンとマッチ♪

 

←戻る   ホーム   進む→