一人ランチも孤独じゃない?!その3の巻き!!

 

私がバクバク頂いている間、お二人は色々とお話をされていて、それから15分くらいして、私の胃袋も大満足した頃に、私の自己紹介を詳しくさせて頂く機会に恵まれました。

 

 

『美佳です。』『めいちゃあ、、。可愛らしいお名前ね!!』

 

 

『有り難うございます。』『あなたが歌っている姿があまりに可愛らしくてついお声を掛けたくなったの。びっくりした?!元気なお嬢さんね!!』

 

 

『恐縮です。旦那がこちらで赴任することになり、私も彼に付いて一緒に深センに来ました。まだこちらに来て間もないので、友達なども少なくて、よろしくお願いします。』

 

 

『わー貴女に出会えて嬉しいわ。何か困った事があったら、いつでも遠慮なく連絡してね。これからちょくちょく一緒に遊びましょう!!』そう言って連絡先のメモをくれました。

 

 

私も彼女に渡しました。

 

中国語でマダムの名前は発音しにくいこともあり、真中の字を取って、[タケさん]私が名付けました。『タケさん?!どういう意味なの?』『日本語でバンブー(竹)の意味です。』『まあ、面白い!!タケさんでいいわ。そう呼んでね。美佳(めいちゃあ)』私よりかなり年上の方ですが、何とまあ可愛らしい方でした。

 

 

私の中の彼女のイメージは、小野千代さんっぽい感じがして、言うところの、(いつまでたっても、少女のような可愛い女性!!)というようなイメージでした。

 

 

このタケさんとの出会いがまたまた私とポンちゃん、そして美佳りんママを楽しませてくれる、長―いお付き合いになるとは、この時は、想像もしていませんでした。

 

 

この方のキャラも、かつカレーのようにかなり濃いー!?キャラでした。帰ってから、あらためて、タケさんに電話したりして、プライベートな楽しいお付き合いが始まりました。

 

 

タケさんの旦那様は法律関係のお仕事をなさっていて、かなり責任のある立場にいらっしゃる方らしいのですが、タケさんは、ゴージャスマダム?!という方であるのに、何とも性格が超お嬢様!!で、しっかりしているように見えてちょっとヌケテイル?!私はかなり年下ですが、ほっとけない女性で、私の知っている中国人女性の中では、一番慎ましやか系の、キムタクさん主演のドラマのセリフではありませんが、古き良き時代の女なのです。

 

 

一昔前の困難に耐えて、旦那を支える、(おしん)的な昔の日本女性のような人で、、。

 

 

それから度々タケさんとデートのお約束をしようと、電話して誘うのですが、

 

『旦那様が、どこどこへ行くので、付き添って宴会に出席しなければならないのです。』とか、

 

 

『今日は、旦那さまと、まだ連絡がつかないので、明日は一緒にランチに行けるか分からないの。御免なさい。』

 

 

常に旦那さんの予定を優先して、それがはっきりしないと、タケさんとの約束はなかなか取り付けられない、、、。という状態でした。

 

 

(なんと、旦那様を大切にしている良妻賢母なのだろうか、、、。)と、タケさんの美しきかな恋女房!!の姿を垣間見るたびに、普段ポンちゃんに色々迷惑と心配を掛け捲っている私も、さすがに普段の自分の行動を反省せざるおえない時も多々ありました。

 

 

『ポンちゃん、いつも有り難う!!感謝しているよー!!』(声を大にしてこの場をお借りして、一応言っておきましょう、、、。)

 

タケさんは、お子さんも一人いらして、同じく法律関係のお仕事をされている優秀な息子さんです。

 

 

長々とお話して参りましたが一人ランチも、こんな感じで、孤独じゃなくて、面白い出会いと繋がったりした事もありました。

 

 

バンブー竹さんとの愉快なお付き合いについては、今後また追々ご紹介しますね!!ちゃんちゃん!!

 

←戻る   ホーム