一人ランチも孤独じゃない?!その2の巻き!!

 

不思議な出会いの当日!!

 

 

この日は、やはりの濃いーカロリーの高めの、こってり系?!が食べたくてしかたがない感じで、午前中から私の煩い胃袋が私に語りかけていました。

 

 

かつカレーが美味しいこの日本料理屋さんで、この日もかつカレーを頼んでいたでしょうか?!

 

 

バクバクこってり系の料理を堪能して、いつもの如く、『この辺で歌を一曲どうぞ、、。』と、どなたかがリクエストしてくれて、(リクエストがなくても勝ってに歌いだす私ではありましたが、、、。)

 

 

そんな感じで歌っておりました。

私が大好きな孫悦さんの歌を歌ったり、お得意18番の潘美辰さんの歌を歌ったり派手に歌いまくっているその頃、隅の方の席で、私をスカウトすべく?!その様子をじっと見つめていた女性がいたとは、、、。

 

 

つゆ知らず、、、。でございました。

 

 

その後、あるウェイトレスさんが、『あちらの席の方が、貴女にこちらへ来て一緒に食事しませんか?!とおっしゃっています。』

『えっ?!どなたですか?!』(いやーん!!私ったら、ナンパされてしまいました?!モテるねえ!!めいちゃあ!!)などと自分で勝手に突っ込みを入れて?!

 

 

そちらの方を見てみると、可愛らしい感じのマダム彼女より少し若い男性と二人で食事をしていました。

 

 

彼女は私に向かって手を振っていて、『歌が上手ね!!』『ちょっといらっしゃい!!』と私を誘っています。

 

 

『有り難うございます!!』といいながら、誉められたのが嬉しくて、デレデレ顔の私は、ほとんど食べ終わる前に、食事中で行儀が悪いと思いつつ、目の前に起こった面白い出来事の誘惑にかられて?!ひょこひょこと彼女の手の振るほうへ、向かいました。彼女達のテーブルには、所狭しと、たくさん美味しそうな豪華な日本食が並んでいました。

 

 

どうやらお二人とも食が細いらしく?!おかずがかなり余っていました。『あなた、日本人でしょ?!中国語と中国語の歌が本当にお上手ね!!』『有り難うございます。』

 

 

『よかったら、お召し上がりください。私達は、もうお腹がいっぱいだから、。』何とも上品な感じのマダムでした。

 

 

声がアニメ声優みたいに、可愛らしくて独特の話し方でした。

 

 

男性は大人しい感じの方でした。御知り合い同士で、用事を済ませてから二人でお食事をされていたのです。

 

 

美味しそうな天ぷらや、色々な食べ物を前にして、またまた新たな食欲ちゃんが芽生えてしまい、私の胃袋はコントロールが効かなくなっていました。(ポンちゃんがいたら、『美佳太るぞー!!』と耳元で言われるのは時間の問題だー!!)と思いましたが、この場は御好意に甘えて少々頂く事にしました。

 

←戻る   ホーム   進む→