日本語会話の美佳先生になる!!その?Bの巻き!!

 

7時前に教室に入ると、7割方席は埋まっていました。後ろの方から入っていったのですが、生徒さんがこちらを珍しそうに見て、『こんばんは』と私が元気に挨拶すると、『こんばんは、、。』とさらに元気に笑って答えてくれました。

 

 

 

仕事帰りに来るので、仕事や通勤ラッシュで、時間ピッタリに来られない人達もいるので、教室の生徒さん達の集まり具合を見計らって、まだ人数が少ない場合は、10分くらいは待つようになっていました。

 

 

初日は7時10分くらいから開始したと思います。まずは自己紹介、、。自分の名前を大きく黒板に書きました。(昔、母校の高校で教育実習をしていた時に、高校生の前で、自己紹介した時の事を思い出しました。)

 

 

とにかく目が輝いていて、この目まぐるしく変化している深センの中で、変にすれずに、ひたむきに自己開発の為に、休息の時間すら惜しんで勉強をするために学校に通っている生徒達なので、本当に表情が真剣でした。途中から教室に入って来て、私の存在に驚いて目を丸くしている生徒もいて、すかさず『こんばんは!』を私も連発しました。そんなこんなで、まずは私の名前を日本語で覚えてもらう事にしました。

 

 

『美佳先生(みかせんせい)です!!どうぞ、よろしくお願いします。』と私!盛り上がった所で、早速授業に入りました。

 

 

←戻る   ホーム   進む→