英語の先生候補は、オーストラリア人の女の子です。その?Aの巻き!!

 

 

英語の発音は大変いい感じなのですが、とにかくスピードが速くて、『もう少し、ゆっくり話して下さい、、。』とお願いすると、ゆっくり話してくれるのですが、英語のボキャブラリーの足りない私は、彼女が言っている単語の羅列が、ゆっくり話してくれたところで、やっぱり聞いて分からなくて、彼女とのフリートーク?!(面接)の間で、60パーセントくらいしか分からず、正直言って頭の中でパズルのように、(恐らくこういうことを言っているのだろうと勝手な組み合わせ?!をしていました。)あまりに分からないと思われるのも、恥ずかしくて?!ってこんな時に見栄を張るなーっ!!てなもんですが、、、。『女はどうも見栄っ張りでいかん♪』どこかの、誰かさんの台詞で出て来そうですが、、?!まあそんな感じで、(面接の彼女にまで、つい見栄を張ってしまうような状態では、いけないなあ、、、。)と感慨にふけつつ、約1時間半後に、その日は彼女と別れました。

 

 

 

色々考えた末、いくらネイティブで教えた経験もある方でも、今の私にとってはネイティブすぎて、レベルについていけなくて、よく理解していない時も、見栄を張ってYesI understand  very  much.と調子よく頷いてしまう惨めな自分が想像出来たので、今回はお断りする事にして、イエ先生にその旨を伝えました。

 

 

 

という事で、いよいよイエ先生との超激情的な、親密なる家族ぐるみのお付き合いの日々?!が始まろうとしているとは、、、。はてさてどうなることやら、、?!

 

←戻る   ホーム