英語サロンへドキドキ初参加!(その四)の巻き!!

 

まったくもって、はてさてほほーんっなんて、書いている場合ではないような、展開になっていくのであります。

 

 

まずはこの日の講師をご紹介致しましょう。国籍ドイツ人で、深センで働いていらっしゃる女性でした。

 

 

教室の周りを見渡すと、60人くらいでしょうか?カウントしたわけではありませんが、開始した後でも先程と、だいたい同じくらいの席の埋まり具合で、ほとんどが中国人でした。

 

 

私の想像では3割くらいは欧米、ヨーロッパ系の方が参加するのではないかと期待していました。

 

 

 

もし良い運命『わらしべ長者出会い?!』あれば、英会話の先生になってもらおうと、そちらの人材探しも、正直期待していたのですが、書店の人の話では、色々な国の人々が多数参加している、、、。という話ではありましたが、、、、。あれ?なんでだろう?!

 

 

まずはしょっぱなから♪取らぬ狸ちゃん♪をやってしまいました。

 

 

 

まず始めに講師の方が、本日の御題の『エイズ』に関する資料英語で読み始めました。言っちゃなんですが、まったく聞いて分からない

 

 

周りの人達の反応をちらちら見ては、[皆聞いて分かっているのだろうか?]とデカ?マークの私、隣のポンちゃんの反応を見ると、[憎いね!兄貴〜!!]と言う感じで、[楽勝よ!]ばりの余裕の反応!!資料を読み終わった時点で、『ポンちゃん、聞いて分かった?』『95パーセントは分かったかな、、。』と彼。

 

 

まじかい?!95パーセントも分かったということは、ほとんど聞いて分かるなんて、、、。何とも羨ましい限り、、。いいなあ。

 

 

討論をするにも、言っている事が分からないと、発言出来ないので、私は先程よりも、さらに必死にヒアリングに耳を傾けていました。

 

 

そして、講師の人が資料の中の重要な項目について黒板に書き始めました。私とポンちゃんも、黒板の内容を書きとめました。

 

 

周囲の人達は早速ざわざわ周りでディスカッションもどき?!を開始し始めました。そして一人の人が手を上げて、発言したのを筆頭にして、皆が手を上げ始めました。

 

 

私も発言したい。発言したい。でも言う事が英語に訳せない。ここでは中国語は厳禁だから、、、。]と何ともいえないジレンマにさいなまれている私をよそに?!

 

 

ポンちゃんは涼しい余裕の笑顔?!その余裕のポンちゃんにおすがりする事にした私は、『発言したいから、これから美佳の言う事を、ノートに英語で書いてよ。』『嫌だよ!!』とポン。

 

 

(えーい意地悪な奴は、ちゃん抜きだー。)軽く夫に断られた私は、最後の切り札?!を出す事に、、、。はてさて美佳りんは、楽しく英語で皆の前で、発言討論出来るのでしょうか?!

 

 

←戻る   ホーム   進む→