英語サロンへドキドキ初参加!(その三)の巻き!!

 

ポンちゃんに『少し予習して行った方がいいかなあ?』『そんなもんいらないよ。』と、さすがに余裕のポンちゃん、、、。

 

 

 

でもこのポンちゃんの余裕がとんでもない展開へ、、。

私はうすうす感ずいていたけれど、、、。なぜって、中国の人は本当に勉強家!!どんな小さなチャンスたりとも、決して無駄にしないで、自分の学びたい事を、とことん追求する人が多い事を、、。ポンちゃんはまだ知らなかったのです。

 

 

私は留学時代、痛いほどその辺を体感して、自己を反省し、日本ではありえなかったガリ勉花子ちゃん?!姿にと、上海留学時代大変身を遂げた人間です。

(もっともそのガリ勉ぶりは、何十年と長続きはしませんでしたが、上海北京と語学留学のために費やした2年三ヶ月は、自分でいうのも変ですが、よく勉強して、よく食べてよく肥えました。っと必ず肥える事も入ってしまうのが悲しい、、。ええーい、いいんだーい!!

 

 

それだけ中国生活に適応しているという証拠じゃー!!)と、まあとりあえず、そう言わせて下さい!!

 

 

私が中国でガリ勉花子ちゃんになったのは、留学時代に仲良くしていた、中国人学生の日本語学科の友達にかなり刺激されてのことでした。

 

 

彼女達の言葉を外国語をものにしようとする気迫はすさまじいものがあり、心底尊敬したものでした。

 

 

というわけで、7時半ぎりぎりくらいに教室へ向かうと、大教室が人で8割方埋まっていました。

 

 

参加費用は一人15元(当時の日本円で、約210円)でした。討論時間は約2時間半から3時間。

 

この時間と真剣に勝負すれば、210円で英会話のかなりのレベルアップが期待出来ると、相変わらずの♪取らぬ狸の世間胸算用?!もとい皮算用!!してウフウフ状態の、美佳小姐?!でした。

 

 

討論会には、毎週一人欧米、ヨーロッパ系の講師がいて、その人が中心となり討論会を進行するという事をお話しておきましょう、、。

さてさてリングのゴングは、はてさてほほーん!!続く!

 

←戻る   ホーム   進む→