お習い事特集 ?@ ワクワクの芸術学校ご見学(その二)の巻き!

 

地図を見て、ガイドブックを見て、電話帳も一応調べて?!一番信憑性のある中国人ネットワークに相談して、、、。ある芸術学校を見つけました。

 

 

この学校はかなり有名な学校で、その後学校に行ってびっくりする某人物にも、突然バッタリお会いする事になったりするのですが、、。

 

 

 

それも一緒にお話致しましょう。11月のある日の午後、タクシーで深せんにある、いちばん有名な某芸術学校に見学に行きました。この学校は、本科生以外でも、夜間に仕事が終わってから、学校に来て、プロを目指すというよりは、趣味で習う人等色々な人に対応出来る、幅広いカリキュラムが組まれており、門をくぐってびっくり、施設もかなり充実していました。まずは事務所に行き、事情を話して先生を探して貰う事にしました。事務所の先生は、『日本人なの?』と言って、少々驚いて、面白がって?!くれました職場の雰囲気も楽しそうで、友好的で、始めて行ったのに、しょっちゅう来ていた所のように、一日にして馴染んでしまいました。

 

 

お茶を頂いたり、色々日本の芸能事情を聞かれたり、相変わらずの人間好きな中国人気質を肌で感じた一日でした。『暇な時はいつでも遊びにおいで、、、。』と言って下さったり、有り難かったです。話をしている内に、何とこの学校出身の有名人、、李雲迪さんの話を聞きました。(えっ!それって日本のキムタクと言われていて、ショパンコンクールで優勝した事もある、、あの人、、、?)ってその人だったのです。何を隠そう、私はその何ヵ月後かに、偶然にも、この学校の校庭でバッタリ彼に逢ってしまったのですから、、、。ちゃっかり自己PRもしてしまいましたが、、、。キムタクさんに確かに少し似ていました。素朴な人のよさそうな、感じのいい好青年でしたよ。さすがにハンサム、、。それはさておき、、。

 

 

 

ユニークな人材がたくさんいそうなこの学校で、いい先生を紹介して頂き、中国の歌を習ったり、硬い体を、少しは柔らかくして、芸の幅とやらを広げたいと、心底思いました。

 

事情を色々話したら、事務の先生が判断するに、私にとって相応しいであろう先生に、早速連絡を取り始めて下さいました。

 

 

中国は、とにかく思っているをはっきりと実直に言って受け入れて貰えるお国柄なので、払えるレッスン料の金額の上限や、一対一で個人指導をして貰いたいこと、それから学校の学生さん達と出来れば舞台の上で交流したい事、、。等、色々なこちらの要求を素直に伝えました。そして、ダンスの先生は忙しいという事で、まず歌の先生を紹介して頂きました。

 

 

←戻る   ホーム   進む→