大冬瓜事件の余韻?!朝から、夫婦喧嘩大勃発(その一)の巻き

 

長々と渡って大冬瓜事件についてお伝え致しましたがあの日以来、例の緑のタートルネックセーター禁煙もとい禁着(きんちゃく袋じゃありませんが、、。)することを誓い、(私も一応花も恥らう乙女?!ので、、、。いくら何でも大冬瓜と他人に言わせしめた服を再度着ることはさすがに出来ず、、。

 

 

あの日を境にして、このセーターは深センの箪笥の肥やし?!とあいなりました。)まあ、それはいいとして、、。人生とは、辛い事が遇った次は、必ず楽しい事が待っているものでありまする。私もこの事件のお蔭で、色々な会いに恵まれる事となりました。その素敵な出会いの前に、ちーっとばかり、ポンちゃんから、いつもの如く、きつい御灸をすえられる事となりましたが、。

 

 

事件の翌日、朝、出勤前の忙しい時にいきなり、

あのさあ、美佳さあ、、命を何だと思っているんだよ。自分の感情のままに、状況も考えないで、よくもさあ、そんなバカな騒ぎを起こせたもんだよね、、。本当に常識知らずにも、ほどがある。信じらんねえよ、、。

 

 

はあっ?何でよ。だって頭に来たんだもの。ぽんちゃんはさあ、自分は痩せているから、そんな事言われた事無いから、私の気持ちが、せつない傷ついた女心が分かんないんだよ、、。

 

 

そういう問題じゃないだろう。いつも言っているじゃないか。バカは相手にしないって、、、。本当お前はバカだよ。

 

 

バカバカ言わないでよ。私はバカじゃなくてミカです。(ウケ狙いではありません。悪しからず、、。)

 

 

深センは、治安が悪い所って知っているだろう?!何でそういうこと言ったりするわけ?

 

 

だって我慢出来ないよ。女、子供、老人、弱者をバカにする奴は、たとえバカであろうと許せないんだよ。私はね正義感の強い人間だからさ、間違っている奴は、バカであろうと正してやるんだ、、。

 

 

といつもながらの啖呵喧嘩?!(語呂合わせがぴったりだあ、、。我ながら、うっとり?!)のが始まりました。

 

←戻る   ホーム   進む→