恐ろしい大冬瓜事件?!その(四)の巻き

 

ちょっと、あんた達何歳よ?今この私に何を言ったか分かってんの?

身も知らぬレディーにそんな失礼な事を言うなんて、ちなみに私は日本人だけど、やっていい事といけない事は世界共通じゃないの?!そんな事も分からないの?

と私が言ったその時、そのハンカチ落としチーム?の輪の中の一人が

お姉さん、あんた日本人なの?

そうよ。

いやあ、こりゃあ驚いたなあ、、。日本人がこんなに上手に中国語を話すんだ、、。びっくりした。

(おいおい、別にここは誉められるところじゃないよ。

 

啖呵切っているのに、調子くるっちゃうなあ、、。)と思いながら、周りのハンカチ落としチームが、ざわざわとざわめき始めて、

日本人だってよ。

へえー

何で日本人がこんな所に、いるんだ?』と外野が煩くて、

 

かなり調子を崩されつつも、私は映画『極妻』でかっこよかった、あの姐御系の岩下志麻お姉さまを、ここでは、あくまでも演じ通そうと必死でした。

 

 

さあ、ここで心から謝りなさいよ。と大げさに盛り上がって、そのうちに知らず知らず涙まで出て来てしまい、大粒の涙を流しながら、

謝れ。バカ男!!と、どんどんエスカレートしていき、周りのハンカチ落としチームも、さすがにこれはやばい状況だと、驚いて、

謝れよ。日本のお嬢さんに、、、。とチーム内で、一人二人と、話のわかる分別のある、『太陽にほえろ!』でいうところの(やまさん)のような、いい感じのオジサンたち、バカな二人組に言い諭し始めました。

 

 

そうこうしている内に、結局張本人の『デカ冬瓜』と私を虐めた悪一人以外は、

日本のお嬢さん、本当に御免なさい、、。許して下さい。

そう謝ってくれて、表情も心から言っている感じで、

分かればいいんです。もし、あなたが慣れない外国で一人で、ストレスを発散しに公園へやって来て、自然の美しさに心慰められてホッとしているその時に、そんな風に身も知らぬその国の人から虐められたら、いい気がしないでしょ?!辛いでしょ?!中国人の女性だってそんな事を言われたら、傷ついて、いい気は絶対にしないはずよ。同じ国同士だって、国境を越えてだって、仲良くすることが大切だと思わないのですか?!もう今後こういうことは絶対止めてくださいね。もし他の外国人の人や中国人の女性が、私と同じような目に遇ったら、可哀想でしょ?!分かるわね?!』と私。

 

分かります。あなたの言うとおりです。本当にすみませんでした。さあ、あなたもここに座って、日本の事を色々話して下さい。友達になりましょう、、。と優しく言ってくれたオジサンもたくさんいました。

 

←戻る   ホーム   進む→