治安の悪さ中国ナンバーワン♪(その二)の巻き

 

そういえば、ポンちゃんも『何年か前に、短期出張で深せんに来ていた時に、職場の人と何人かで繁華街を歩いていた時、一人の方だったか、パスポートとかをスリに取られる瞬間に気付いて、大事に至らなかった、、。』とか言っていました。

 

 

それから、今回深せんに入る前に、香港から地下鉄で来たのですが、たまたま香港から一緒になった職場関係の方々と、用心しながら地下鉄に乗り込んだ際、色々お話を聞きました。

 

深せんは恐いところなので、カギなどは長いチェーンに着けてからポケットの中にしまったり、現金も用心して服の中のほうに入れるとか、、。

 

色々防犯対策を完璧にするそうで、その様子を実際に見せて頂きました。

 

 

ここまでしても、こちらにいる内に、誰でも一度は金を盗られたり、パスポートを盗られたり、、、等するんだよね。

 

 

えーうっそーマジすかー?!』と私は、その話を聞いて、びっくりした事を思い出していました。私とポンちゃんはそういった方々のアドバイスを聞いて、街にくり出す時はかなり慎重に行動していたのですが、、、。

 

 

それから半年後、恐ろしいことに遭遇するとは、、、。

 

 

その時には想像すらしなかったのです。ちなみに、ここではスリが人のものを盗む現場を見たとしても、スリに注意しては決していけないという、無言のお約束?!があり、というのも、スリが刃物でも持っていたら、刺されるし、命の保証が無いところだからなのです

 

 

という防犯対策における無言のお約束も、追々と知る事になるのです。美佳は本当に世間知らずだよ。と事あるごとに旦那に言われ続けてきた私は、この深せんで暮らすことにより、世間の厳しさについても、人間関係の紡ぎ方の難しさについても、大きな修行をさせて頂くことになるのです。

 

←戻る   ホーム