旦那の初出勤について行く、、(その二)の巻き

 

これから旦那の部下になる大勢の若い中国人の工員さん達は、大変親しみ深く思ってくれて、私は、『美佳(めいちゃあ)です。』と挨拶、、。

 

 

 

ちなみに、この美佳(めいちゃあ)という名前は、中国と大変縁の有る、またオメデタイ意味の言葉であり、美佳美容室美佳印刷美佳飯店、、、。と中国生活が長い私は、その間何度も自分の名前がお店の名前になっている場面に遭遇、、。

 

 

 

1991年に上海留学中に初めて美佳飯店と言う名前のホテルを見かけて以来、私のことを名字で呼ぶ中国人は一人もいません。

 

プライベートの友人も、仕事でお世話になった方々も皆『美佳(めいちゃあ)』と呼んでくれます。幼い頃はこの名前が嫌いだったこともあったけれど、私の運命なのでしょうか?!

 

 

中国と縁の有る人生を送ることを運命付けられていたのかもしれません。そんなこんなで、『美佳さん、美佳さん、、、。』と私の拙い中国語を誉めてくれたり、初対面だったけれど、皆さん、とてもいい感じで、職場の雰囲気が素晴らしいなあ、、、と感動しました。

 

 

Hさんを頭にして成立しているその部署は、Hさんのお人柄がまさに、中国の若い人たちと一緒になって、国の壁を超えて、世代の壁を超えて、人間同士の温かい絆を職場内で作りながら、仕事を進めていく感じの方であるという事が、初対面の日にでも分かりました。

 

 

それから、その日は早めに退社させて頂き、二人でホテルへ戻りました。明日からポンちゃんの中国深せん奮闘振りを陰ながら応援しようと思った一日でした。

 

 

さてさて、買い物買い物、、。とにかく日常生活品は、持って来るより、現地で調達が私の中国生活で得た鉄則だったので、近くのスーパーへ行き、お買い物大作戦開始!!です。ホテル住まいは、グーたら主婦美佳りんにとっては、本当にありがたいです。

 

 

何しろ料理はしなくていいのだから、、。大好きな外食三昧なのさ。

 

というわけで、追々と、おいしい広東料理についてご紹介していきましょうね、、、。こうご期待なのさ!!

 

←戻る   ホーム